アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

過去の大統領選投票日後、就任式後の株価パフォーマンス

11/12付のReutersの記事を読みました。過去の大統領選挙投票日後、大統領就任式後のS&P500指数の変動結果をグラフと共に解説しています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・グラフ1は、アメリカ大統領選投票日後、最初の5日間のS&P500指数のパフォーマンス。過去40年間で、今回の選挙後が一番の上昇率。選挙の不確実性が消え、新型コロナウイルスワクチンに関する前向きなニュースが報道されたため。

<グラフ1>大統領選挙後、最初の5日間のS&P500パフォーマンス

f:id:investmentandsecondjob:20201113080259p:plain

(出典:Refinitive Eikon)

・選挙日から大統領就任式までのS&P500パフォーマンスは、トランプ大統領時代がNo.1(下記グラフ2参照)。減税の約束が成長とインフレを促した。

オバマ大統領が初めて当選した時のパフォーマンスはワースト。金融危機に突入していたため。

<グラフ2>選挙日から大統領就任式までのS&P500パフォーマンス 

f:id:investmentandsecondjob:20201113080427p:plain

(出典:Refinitive Data)

・新大統領就任時、株式市場は通常上昇基調。新大統領を祝っているのか、ただ単に市場が上昇傾向なのかは不明。 

・大統領就任から100日後のS&P500指数のパフォーマンスは、10人の内、8人の時代にプラス。また、(新大統領就任にかかわらず)過去40年の75%の期間、株価は上昇しているという事実もある。

<グラフ3>大統領就任から100日後のS&P500パフォーマンス

f:id:investmentandsecondjob:20201113080546p:plain

(出典:Refinitive Eikon)

 

過去のデータを見せることに比重を置いた記事でした。もう少し、考察がほしかったです。

 

私が株式投資を始めて、今回が初めての大統領選挙でした。大統領選挙がある時、(理由は不明だが)株価は上昇基調というのを何かの本で読んだ記憶があります。

 

今回の大統領選挙前後を経験してみて感じたことは、個人的には、このアノマリーはあまり気にしないようにしようということでした。

 

記事で言及されているように、お祝いムードがあるのかもしれませんが、それよりも、新政権の方針、時代の背景、政治の不確実性に耳を傾けて、今後の動向を予想した方が腑に落ちます。自分を納得させやすいです。

 

トランプ大統領の時は、投票日後、就任式後、株価は上昇しました。今回は、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大があるので、油断しないようにしたいと思います。

以上

 

◆参考文献

Reuters、"How the U.S. stock market has treated new presidents"

https://www.reuters.com/article/idUSKBN27R2O1