アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

バークシャーハサウェイが購入した製薬4銘柄(分析記事)

12/1付のSeeking Alphaの記事を読みました。最近、バークシャーハサウェイが購入した医薬品銘柄について解説しています。以下要約です。

 

◆要約

バークシャーハサウェイが公開した最新の資料によると、同社は最近、4つの巨大製薬会社(ABBV、BMY、MRK、PFE)の銘柄を購入した。

・質の観点からみると、4銘柄全て(バフェット氏の方針である)ワイドモートのある事業を保有しているようにみえる。

・特許を保有する薬品から構成される多角的なポートフォリオは、強い価格競争力を持つ。長い特許期間は、次の薬品を市場に生み出すための十分な時間となる。また、会社規模の大きさから、効率的な供給網を持ち、製造面で規模の経済が機能する。

定量的な判断のため、EVA(Economic Value Added、経済付加価値)フレームワークを使う(EVAはリターンから資本コストを差し引いた価値。プラスなら投資家の期待を上回っている)。

・EVA margin(EVA/Sales)が5%あれば良い企業と言える。5%が10年続けば、モートを備えた優良企業。 

<グラフ1>EVA margin(EVA/Sales)

f:id:investmentandsecondjob:20201203082915p:plain

(出典:evaexpress.com)

・上記のグラフから、この10年間、どの企業もEVAはプラス。ABBVとBMYは残り2社と大きく差をつけ、安定して2桁のEVA margin。MRKはキートルーダのようなブロックバスターが実を結び、ここ最近は大きく成長。PFEは、低マージンの特許切れパテントを最近売却したことで、上昇することが期待される。

・まとめると、定量的な観点からは、どの企業もワイドモートを備えているようにみえる。

>>>AbbVie(ABBV)

・表1は(ABTからスピンオフ後の)ABBVのEVAの実績、及び予測。

<表1>ABBVのEVA実績、及び予測

f:id:investmentandsecondjob:20201204080254p:plain

(出典:Author's calculation based on data from evaexpress.com)

・我々の(正確さに欠けるが、fair valueを算出する)discounted EVA valuation modelを使うと、ABBVのfair valueは$101。

・グラフ2は、現在のABBVの株価($105)を基準にした年間リターン予測(6%の年間増配率、自社株買いなしが条件)。

<グラフ2>ABBVの年間リターン予測

f:id:investmentandsecondjob:20201204082213p:plain

(出典:Author's calculation based on data from evaexpress.com)

>>>Bristol-Myers Squibb(BMY) 

・表2はBMYのEVAの実績、及び予測。

<表2>BMYのEVA実績、及び予測

f:id:investmentandsecondjob:20201204082620p:plain

(出典:Author's calculation based on data from evaexpress.com)

・我々のdiscounted EVA valuation modelを使うと、BMYのfair valueは$116。

・グラフ3は、現在のBMYの株価($63)を基準にした年間リターン予測(3%の年間増配率、自社株買いなしが条件)。

<グラフ3>BMYの年間リターン予測

f:id:investmentandsecondjob:20201204082816p:plain

(出典:Author's calculation based on data from evaexpress.com)

>>>メルク(MRK)

・表3はMRKのEVAの実績、及び予測。

<表3>MRKのEVA実績、及び予測

f:id:investmentandsecondjob:20201204083730p:plain

(出典:Author's calculation based on data from evaexpress.com)

・我々のdiscounted EVA valuation modelを使うと、MRKのfair valueは$119。

・グラフ4は、現在のMRKの株価($80)を基準にした年間リターン予測(5%の年間増配率、年2%の自社株数減少が条件)。

<グラフ4>MRKの年間リターン予測

f:id:investmentandsecondjob:20201207073233p:plain

(出典:Author's calculation based on data from evaexpress.com)

>>>ファイザー(Pfizer)

・表4はPfizerのEVAの実績、及び予測。

<表4>PfizerのEVA実績、及び予測

f:id:investmentandsecondjob:20201207073523p:plain

(出典:Author's calculation based on data from evaexpress.com)

・我々のdiscounted EVA valuation modelを使うと、Pfizerのfair valueは$30。

・グラフ5は、現在のPfizerの株価($37)を基準にした年間リターン予測(5%の年間増配率、自社株買いなしが条件)。

<グラフ5>Pfizerの年間リターン予測

f:id:investmentandsecondjob:20201207074009p:plain

 (出典:Author's calculation based on data from evaexpress.com)

バークシャーハサウェイが購入した4つの製薬銘柄は、何れも質が高く、ワイドモートを備えた企業。

・我々のバリュエーションモデルは様々な結果を描き出す。PFEはトータルリターンが良くない。ABBVの1桁リターンは賞賛するほどではない。MRKとBMYは過小評価されており、2ケタのリターンをもたらすようにみえる。 

 

実際の記事の中では、バリュエーションの細かい算出方法が記載されていました。

 

記事の筆者は、ABBV、BMY、MRK、PFE、何れもワイドモートのある事業を保有していると判断しています。メルクは私も保有する銘柄です。

 

何れも配当率が高く、SBI証券のサイトで掲載されている評価レポートの企業評価(元ネタはモーニングスター)も悪くありません。ですので、資金に余裕があれば買ってもいいかなと思います。バークシャーハサウェイが購入したという後ろ盾があると、安心感があります。

 

分散させたいので、買うならメルク以外のものを選択します。記事を信じるなら、BMYがよさそうです。PFEとABBVは、今は大きく上昇しています。

 

先の2銘柄と比較すると、BMYはそこまで上がっていませんが、非常にボラティリティの高い値動きをしています。待てばその内、下がりそうなので、下がるのを待ちたいと思います。

以上

 

◆参考文献

1)Seeking Alpha、"Buffett Buys Pharma: Two Out Of Four Seem Compelling"

https://seekingalpha.com/article/4392293-buffett-buys-pharma-two-out-of-four-seem-compelling

2)グロービス経営大学院、EVAとは

https://mba.globis.ac.jp/about_mba/glossary/detail-11638.html