アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

専門家「株価の調整はいつ起こるか誰にもわからない。順調な時は注意してね」

1/4付のCNBCの記事を読みました。投資家のカール・アイカーン氏のインタビュー記事です。同氏は業界では有名なようで、CNBCのネットニュースを見ていると、時々名前が出てきます。アイカーン・エンタープライズヘッジファンド)の創業者です。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・各銘柄が実力以上の価格を付けられ、株価が上昇する場面を私は何度も見てきた。

・共通することがある。上昇はいつかは止まり、大きな調整が起こる。この調整がいつ起こるか誰にもわからない。起きた時、さらなる下落に気を付けること。

・もう1つの共通点は市場は「今回は違う」と言う。それが現実になることはない。

・1/4、アメリカの株式市場は急落したので、今回アイカーン氏は警告した。

・株式市場は下落の準備ができている(モルガンスタンレー)。

 

大規模金融緩和政策が背景にあるので、株価は上昇基調です。それでも、調整はいつかは起きるということを、1/4の下落と、今回の記事は思い出させてくれました。

 

記事の中身に目新しいことはありません。ただ、これだけ株価上昇が続くと、この記事に書かれているようなことを忘れてしまいそうです(^^; 今は株価上昇継続の理由がわりと明確なので、なおさらです。この記事は良いタイミングでした。

 

長期投資を始めた当初は、資金が貯まればすぐ投資していましたが、最近は投資したい気持ちを抑え、我慢できるようになってきました。

 

でも、株価が下落(調整)した時に、すぐに買いの判断ができるかはわかりません。大暴落した時には買えますが、今、株価が5~10%程度調整しても買いに動けるかは疑問です。「まだ高い」と思ってしまいそうです。これから学んでいきたいと思います。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"Carl Icahn warns that the market rally could end in a painful correction and is hedging accordingly"

https://www.cnbc.com/2021/01/04/carl-icahn-warns-that-the-market-rally-could-end-in-a-painful-correction-and-is-hedging-accordingly.html?&qsearchterm=carl%20icahn