アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

エネルギー業界、再編があるかもしれません

2/3付の日経新聞の記事を読みました。エクソンモービルM&Aの可能性について解説しています。以下要約です。

 

◆要約

・2/2、エクソンモービルは20年12月期決算を発表。最終損益は224億ドルの赤字。

・(シェブロンとの統合に関する)憶測に対してはノーコメント。メリットのあるM&Aは常に検討中(エクソン)。

・報道によると、エクソンシェブロン間の協議は現在進んでいない。しかし、エクソンはこれまで自力で成長できると主張していたため、今回のM&Aの報道は、エクソンが変化してきていると関係者はみる。

シェブロンの最終損益は55億ドルの赤字(20年12月期決算)。通期としての赤字は4年ぶり。

エクソンシェブロンは互いに競争し合い、一方で、環境への対応という共通の課題を持つ。バイデン政権は環境対策を強化。規制対象はアメリカの石油、天然ガス生産の2割弱。トランプ政権時代に石油、天然ガスの生産は4割増えたが、見直しが必要に。

<表>アメリカ石油業界の再編推移

f:id:investmentandsecondjob:20210204082304p:plain

(出典:日経新聞

・(ロイヤルダッチシェル、BPなどの)ヨーロッパメジャーは、再生可能エネルギー事業の拡大を表明済み。

・BPは1998年にアモコ(アメリカ企業)を買収。アメリカ事業比率が高く、2030年までに、今の化石燃料開発を4割削減する計画。

・ヨーロッパ企業に対し、アメリカ勢は環境対策が遅れている。(バイデン政権、投資家が要求する)カーボンニュートラルへの目標は、エクソンシェブロン、共に現時点でなし。

<グラフ>アメリカの原油生産量推移(20年は11月までのデータ)

f:id:investmentandsecondjob:20210205072544p:plain

(出典:アメリカエネルギー情報局)

・投資先の全企業に対し、カーボンニュートラルを目標とした事業戦略開示を求める(ブラックロック)。 

化石燃料事業への依存度が高いアメリカ企業には、M&Aの可能性が残る。

エクソンシェブロンはかつて1つの企業。再び統合するとなれば、市場独占の懸念が残る。そのため、合併には事業整理、資産売却が求められる可能性が高い。

 

最近、エネルギー銘柄が気になってきているので、関連記事に目が留まる機会が増えてきました。

 

コロナの影響で今後の石油需要は不透明で、また、環境対策への圧力が高まってきており、石油事業への依存度が高い企業は大変そうです。

 

今回の記事で挙げられたエクソンモービルシェブロンがそうですが、M&Aは大歓迎です。特に、環境対策に繋がる再エネ事業の比重拡大を目指してほしいです。

 

そうなってくれると、両企業の将来は明るくなるので、株を保有したくなります。今後、エネルギー業界の動向は気にかけていきたいと思います。

以上

 

◆参考文献

日経新聞、"米石油の苦境鮮明 エクソンCEO「M&Aも視野」"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN030FF0T00C21A2000000/?unlock=1