アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

TSMC「アメリカ、EUの半導体チップ生産工場は採算性が低くなる」

3/31付のSeeking Alphaの記事を読みました。同日に発表されたアメリカのインフラ投資計画に関する内容です。半導体セクターについて解説されています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・3/31、バイデン大統領は2兆ドル規模の計画「American Jobs Plan」を発表。半導体の国内製造、及び研究開発へ500億ドル投資することを議会に求める。

・20年9月、Semiconductor Industry Association (SIA)、Boston Consulting Groupから成るロビー活動グループの研究によると、現在のアメリカの半導体世界シェア12%を増やすためには、半導体製造に500億ドル投資する必要があるとのこと。

・政府からの支援が同規模になれば、19の半導体チップ製造工場、及び次の10年間で7万人の賃金の高い雇用を生み出す可能性あり。

インテルアリゾナ州に2つの半導体チップ製造工場を建設するため、200億ドル投資することを発表した。世界有数のファウンドリー事業者になることが目標。

ファウンドリー事業で世界No.1のTSMCアリゾナ州半導体チップ製造工場を建設中。

・自国の需要を満たすため、半導体チップの製造能力を拡大することは、アメリカ、ヨーロッパにとって、経済的には非現実的なものになるだろう。現在の半導体不足は異常。アメリカとヨーロッパの工場は、採算性の低い大きな生産力をもたらすだろう(TSMC会長)。

・(3/31、この記事を書いている時点で)フィラデルフィア半導体株指数は前日比で2.8%上昇。対するXLK(テクノロジー銘柄のETF)は1.7%上昇。半導体製造装置銘柄、車載半導体銘柄が上昇を引っ張る。AMAT、CREE、TER、LSCC、ON、KLAC、LRCXなど。

 

ファウンドリー事業で世界トップの言葉は真実味があります。私も、今の半導体需要は異常で、いつまでも続くとは思っていません。

 

私がインテルファウンドリー事業に期待するのは、同社の競争力というよりも、米中関係の悪化により、将来、中国が台湾(TSMC)に影響を及ぼしていくことを恐れているためです。半導体メーカーが、他に選択肢がなく、インテルへチップ製造を委託する時が来るかもしれません。

 

ただ、TSMCが指摘するように、その事業は儲からない可能性がありますので、注意したいと思います。

 

今の半導体需要はいつまで続くのでしょうか。「スーパーサイクル」という言葉も用いられ、半導体業界の活況は、(同業界にいる会社からも)あと数年は続くという声があります。

 

できれば、半導体需要が異常から正常に戻った時に、(株価が下がっていることを期待し)半導体関連銘柄を買いたいのですが、スーパーサイクルがあるなら、正常に戻ったとしても株価は下がらないかもしれません。下げた時に買う、というのは難しそうです(^^;

以上

 

◆参考文献

Seeking Alpha、"Biden's $2T infrastructure plan asks for $50B semiconductor investment"

https://seekingalpha.com/news/3678212-bidens-2t-infrastructure-plan-asks-for-50b-semiconductor-investment