アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

JPモルガンチェース「今の経済成長は2023年も続く可能性あり。政府の支援がある」

4/7付のCNBCの記事を読みました。JPモルガンの株主に向けた年次書簡の内容が記事になっています。以下要約です。

 

◆要約

・現在の世界経済の成長は、最近では最も力強いもの。新型コロナウイルス感染拡大に対するアメリカ政府の対応に感謝する。同政府の対応により、消費者の貯蓄も増えている。

・今の経済成長は2023年も楽に続くかもしれない。現在進行中、これから出てくる支出が2023年までは続く可能性があるため。

・政府の財政支出が長期的にどのように影響してくるかは不透明。判断するには時間が必要。

フィンテックや大手ハイテク企業は銀行にとって脅威。

・現在の株式市場はかなり割高。一方で、ここから数年続くであろう経済成長が、現在の株高を正当化するかもしれない。市場はこれからの成長と(株式投資に向かうであろう)貯蓄の増加に値を付けている。

・一方、アメリカの債券価格を正当化するのは難しい。まず、現在かなりの債券が発行されている。そして、インフレ率の増加が一時的でないという合理的な可能性がある。

・今後数年間の経済には強気。しかし、政治や社会の機能不全など、アメリカには深刻な課題が残る。

南北戦争大恐慌、1960~1970年代の社会の激動などを通じ、アメリカは世界的な地位を高めてきた。今回は異なるかもしれない。

アメリカは最終的に、個人の違い、個人の利益を超えて、より良いことのために行動する必要がある。現在の課題には対処できる。

 

今後数年、経済成長が期待できるという記事を最近は読んできたので、今回読んだ内容に目新しいものはありません。ただ、アメリカで時価総額1位の銀行であるJPモルガンチェースの言葉なので、安心度が高まります。

 

これから数年、経済成長が期待できることはすでに株価に織り込まれている、ということは頭に入れておきます。株価は将来の展開も織り込んでいるので、当たり前のことなのですが、気を付けないと忘れてしまいそうです。

 

これからも株価は上昇基調だと思いますが、上げ幅はどうですかね。今後数年の期待がすでに織り込まれているので、あまり期待しすぎないようにします。

 

今週からアメリカ主要企業の四半期決算発表が始まります。市場がどう反応するか関心があります。市場の期待が高すぎて、下げるパターンもありますので、大きく下げる銘柄があれば購入を検討したいと思います。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"Jamie Dimon says economic boom fueled by deficit spending, vaccines could ‘easily run into 2023’"

https://www.cnbc.com/2021/04/07/jamie-dimon-says-economic-boom-fueled-by-deficit-spending-vaccines-could-easily-run-into-2023.html?&qsearchterm=jamie%20dimon%20says