アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

景気回復への期待を支えに、セクター間での資金シフトを伴いながら、平均株価は上昇継続中

5/8付のBloombergの記事を読みました。市場に懸念事項はあるものの、株価は上昇継続が見込まれるという、強気派の意見が解説されています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・先日のFRBによる金融安定性に関する報告書は、相場の暴落の可能性に言及。市場のリスクオン姿勢が衰えた時に備えたもの。しかし、現時点では起こる可能性は低い。

・株式市場は様々なケースに対応でき、また、上昇が継続できるよう、準備できているようにみえる。

・5/3週、金融株、運輸株は5営業日全てで上昇。バブルを示唆されているのにも関わらず。雇用統計は市場予想を大きく下回ったが、その際はテクノロジー株が上昇。商品相場が上昇し、インフレリスクが高まると、素材株が上昇。

・株式市場はほとんどのケースで上昇を続ける。これはすごいこと。市場が景気回復を期待し、それに賭けていることを表す(アビバ・インベスターズ、イギリスの資産管理会社)。

・テクノロジーセクター(ARK Innovation ETF)が弱くなると、景気循環セクター(S&P500 materials index、Dow Jones Transportation Average)が上昇し、S&P500指数の上昇継続を支えている(下記グラフ参照)。

<グラフ>回復力のある市場

f:id:investmentandsecondjob:20210510080539p:plain

(出典:Bloomberg

・今年に入り、S&P500指数は約13%上昇。過去10週では8週で上昇。バリュエーションはドットコムバブル以来の高い数値だが、同指数は上昇を続ける。

・弱気派は今の相場はリスクがあり、不安定と認識する。強気派は幅広いセクターで回復が見られ、景気が下降しない限り、投資は継続できると判断している。

・今年は市場がアニマルスピリット(将来に対する主観的な期待)に基づいて行動する場面が多い。ワクチン接種者が増えるに伴い、安心感が高まり、株価上昇に繋がっている(チャールズ・シュワブ・インベストメント・マネジメント、アメリカの資産運用会社)。

 

この記事で使われたグラフはわかりやすかったです。テクノロジーセクターから資金が流出する一方、輸送、素材セクターへ資金が流入し、かつS&P500指数は上昇を続けています。

 

先日読んだ別の記事によると、これからバリュー株、景気循環株の上昇が見込まれており、上のグラフのトレンドは今後も続くかもしれません。5/10、ナスダックは2.5%下落しており、先週テクノロジー株を買った私はタイミングが悪かったです(^^;

 

金融緩和は継続し、景気も回復していくので、私もどちらかというと強気派です。記事で解説されているように、私も景気回復に賭けています。平均株価の上昇は続いていくと見込み、投資を続けていきたいと思います。

 

5/10のナスダックの下落幅には驚きました。ここからさらに下落するなら、少々無理してでもテクノロジー株に追加投資することも検討したいと思います。 

以上

 

◆参考文献

1)Reuters、"米株式相場、あらゆるシナリオに耐える能力示唆-バブル懸念よそに"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-05-08/QSRMC6DWX2PT01

2)コトバンク、"アニマルスピリットとは"

https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88-426221