アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

CVX、NTR、テクノロジー株等の上昇で今週の評価益は上昇。ナスダック市場に資金が戻ってきています。

21年6月5日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。

ポートフォリオSBI証券、21年6月5日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

AAPL

320

$52.50

$125.89

1.03%

$23,484.80

ABBV

40

$104.07

$112.36

-0.74%

$331.60

AMAT

39

$128.00

$139.85

1.25%

$462.15

ASML

8

$630.00

$683.30

1.16%

$426.40

AVGO

33

$277.03

$475.00

0.57%

$6,533.01

CDNS

38

$129.77

$126.75

-0.19%

-$114.76

CSCO

112

$42.07

$54.07

2.21%

$1,344.34

CVX

40

$107.55

$108.45

4.49%

$36.00

HD

33

$184.39

$311.01

-2.48%

$4,178.46

INTC

71

$63.48

$57.37

0.44%

-$433.81

JNJ

61

$141.50

$165.97

-1.94%

$1,492.67

LRCX

8

$606.29

$655.31

0.84%

$392.16

MA

42

$207.36

$366.02

1.51%

$6,663.72

MCD

48

$180.03

$233.38

-0.22%

$2,560.80

MO

192

$58.85

$49.77

1.12%

-$1,743.36

MRK

120

$72.91

$74.11

-2.35%

$144.00

NTR

230

$38.68

$64.53

3.83%

$5,945.50

PG

96

$90.77

$135.95

0.82%

$4,337.28

SNPS

20

$245.06

$255.88

0.61%

$216.40

TSM

40

$110.00

$119.51

1.83%

$380.40

USB

132

$35.20

$60.77

-0.02%

$3,375.24

V

62

$139.80

$230.14

1.25%

$5,601.08

VOO

51

$264.13

$388.50

0.61%

$6,342.87

       

合計

$71,956.95

  

評価益は先週(5/29)比で+$1,664.23(+2.37%)です。23銘柄中、16銘柄が上昇しました。2週連続、評価益は増えました。以下、主要株価指数です。NYダウ、S&P500指数は2週連続、ナスダックは3週連続の上昇です。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

5月29日

$34,529.45

4,204.11

13,748.74

6月5日

$34,756.39

4,229.89

13,814.49

先週比

$226.94

25.78

65.75

先週比(%)

0.66%

0.61%

0.48%

 

今週は5/31が休場、6/1~6/2は変動幅が少ない日でした。6/3もNYダウは前日比-$23と変動が少なかった一方、ナスダックは140ポイントほど下落しました。長期金利の上昇で、PERの高いテクノロジー株が売られています。

(5月の非農業部門雇用者数の増加数、及び直近の新規失業保険申請件数の減少幅が市場予想を超え、5月のISM非製造業景況感指数が過去最高値を更新するなど、各種経済指標の良好な結果が長期金利の上昇に繋がりました。

6/4はNYダウ、ナスダック、共に上昇しました。それぞれ、約$180、200ポイント上げました。同日発表された5月の雇用者数が市場予想を下回り、長期金利が低下、PERの高い銘柄の買いに繋がりました。

今週、大きく上昇したのはシェブロンでした。先週比で+4.49%です。6/3以外は上昇しています。経済活動正常化への期待→原油先物相場上昇→エネルギー銘柄の株価上昇という流れになっています。

次にニュートリエンが先週比で+3.83%です。2週連続で株価は過去最高値を更新しました。6/1、6/4に上昇しています。特にニュースは見当たりません。経済活動再開やインフレへの期待が影響しているのかもしれません。

シスコシステムズは先週比で+2.21%です。6/1以外、上昇しています。株価は、私が購入して以来の最高値となりました。これも経済活動再開への期待から来ていると推測します。

下げた方はホームデポが先週比で-2.48%です。今週、全ての日で下落しています。理由はわかりません。同業のロウズも1週間右肩下がりでした。ウェルズファーゴが、(ホームデポ含む)一般消費財セクターを支持するという良いニュースはありました。低金利、良好な住宅関連指数、建築請負業者の受注残などがホームデポを支持する理由です。

メルクは先週比で-2.35%です。6/3に大きく下落しています。同社のOrganon(婦人科領域)事業のスピンオフが完了したことに反応しています。業務効率の改善が期待されるというニュースもありましたが、目先の営業利益率が下がるせいか、まずは売られています。

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-19,214,619

現在値

¥26,581,040

現金(ドル、円換算)

¥116,834

損益通算

¥7,483,255

利回り

38.95%

②持株会

投資金額

¥-679,000

現在値

¥1,014,890

繰越金

¥32

損益通算

¥335,922

利回り

49.47%

①+②

評価額

¥27,708,974

損益通算

¥7,860,660

利回り

39.51%


利回りは先週比で1ポイント強伸びました。

ナスダックが3週連続上昇しました。4月後半から同指数は下落を始めましたが、5月中旬からまた上昇し始めています。長期金利が上昇していないからとみられています。

インフレ率、長期金利の動向次第で、テクノロジー株がまた上昇してくるかもしれません。アメリカは経済活動も再開し始めており、今後、どのセクター銘柄が支持されていくのか、関心を持っていきたいと思います。

以上

 

◆参考文献

1)日経新聞、"NYダウ小幅反落23ドル安 ハイテク株安が重荷"

 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_U1A600C2000000/

2)日経新聞、"NYダウ反発、179ドル高 長期金利低下で最高値に迫る"

 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_V00C21A6000000/

3)日経新聞、"NYダウ続伸、45ドル高 経済活動再開への期待で"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_S1A600C2000000/

4)日経新聞、"NYダウ小幅続伸25ドル高 高値警戒感で上値重く"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_T00C21A6000000/

5)Seeking Alpha、"Consumer discretionary stocks to like amid the spending boom"

https://seekingalpha.com/news/3701760-consumer-discretionary-stocks-to-like-amid-the-spending-boom

6)Seeking Alpha、"Merck spinoff Organon begins trading on the NYSE today; Organon down 5% (updated)"

https://seekingalpha.com/news/3702841-merck-spinoff-organon-begins-trading-on-the-nyse-today-merck-down-4