アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

テクノロジー、グロース株の下落に注意。時期は夏後半~秋の始め。

7/5付のCNBCの記事を読みました。ウェルズファーゴセキュリティーズ(投資銀行)のhead of equity strategyの方が、上昇が続くテクノロジー株に対して警告しています。以下要約です。

 

◆要約

・現在、投資家が支払っているプレミアム(株式の時価を上回る金額)は異常に高い。

・今年に入り、株価が上昇した後、アメリカの10年国債利回りは下落基調。この下落はグロース株、特に大手ハイテク株に恩恵をもたらしている。

・しかし、かなりの巻き戻しは避けられない。利回りの上昇が、グロース株、モメンタム株の2桁%の下落に繋がるだろう。時期は夏後半、もしくは秋の始め。

・テクノロジー、グロース株はかなり売られる。今の上昇基調に対する懸念は以前よりも増している。

・この暴落が実現した場合、市場の幅広い銘柄に影響する。

・景気回復の恩恵を受ける銘柄には強気。同企業は収益予想をうまく制御している。彼らは市場が思うより保守的。景気回復は市場が想定するよりも長く続くだろう。

・期待できる景気回復銘柄は大手銀行、化学、航空宇宙企業など。景気循環株は、ここから1桁中盤~2桁%成長できる。

 

大手ハイテク株の上昇が続いていますが、警告する記事が出てくれました。明らかに上がりすぎですもんね。この手の主張が出て、正直ほっとしています。

注意が必要な時期は、夏後半~秋の始めの間とのこと。この期間は気を付けます。

ジャクソンホール会議(経済シンポジウム)が8/26~8/28に開かれますが、この当たりも併せて注意したいと思います。

その前にFOMC(7/27~7/28)もありますし、気を抜けない期間がしばらく続きます。
以上

 

◆参考文献

CNBC、"‘Day of reckoning’ is coming for high-flying tech stocks, Wells Fargo warns"

https://www.cnbc.com/2021/07/05/day-of-reckoning-is-coming-for-high-flying-tech-stocks-wells-fargo.html?&qsearchterm=day%20of%20reckoning