アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

経済は回復期から拡大期へ移行中。2021年後半は株式のリターンが低くなる見通し。

7/9付のCNBCの記事を読みました。HSBC Asset Management(イギリスの資産運用会社)のGlobal chief strategistの方が、今後の株式投資戦略について解説されています。以下要約です。

 

◆要約

・経済が回復期から拡大期へ移行するのに投資家は備えるべき。経済の拡大期はリターンが低くなり、財政政策が活動的になる。

アメリカ、中国、アジアの一部地域のGDPはコロナから回復、企業の利益はV字回復、そして2022年の企業収益はコロナ前の水準が見込まれている。

・これは、金融緩和政策の縮小時期前倒し議論に繋がっている。

・投資家の楽観論が高まり、リスクやリスクのある資産への認識を低下させ、見通しは今、巻き戻し。

・バリュエーションはますます、リターンの足手まといになっている。景気回復に関する多くの良いニュースはすでに株価に織り込まれている。

・債券利回りが上昇する背景に反して、バリュー株は有利であり続ける。

・(資産の配分割合はよく変わるが)我々はイギリス、EU新興国などの景気循環市場を好む。

・2010年代に議論となっていたリスクは古く、今は増税、インフレ、より売り手が強くなった労働市場などがリスク。

ポートフォリオの見直しで最も基本的なことは、政府が債券をどう扱うかに注目すること。

・特効薬はない。投資家は代替えとなる資産を、幅広い分野から探した方が良い。投資家はできるだけ、インフレに強い、キャッシュフローが得られる資産に注目すべき。

・インフラ債務、銅や鉱物などが候補。昔からある資産配分手法の1つは、グローバル債券の代替としてのアジア債券、アジアのハイイールド債など。

 

景気サイクルのステージが変わっているという記事を最近みかけるようになりました。今回読んだ記事では、今経済は、回復期から拡大期へ移行していると解説しています。

拡大期はリターンが低くなるということなので、頭に入れておきます。2021年後半はリターンが低くなると解説する記事をいくつか読んできたので、どうやらそうなるようです。

記事では後半、株式以外への資産配分を勧めているので、株式のリターンが低くなる、リスクが高まるようです。

私は株式にしか投資しませんので、リターンが低くなるのは仕方がありません、諦めます。年内に株価調整が起きた時に投資できるよう、今は資金を積み増します。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"Rebalance your portfolio now as the economy enters an expansion phase, HSBC says"

https://www.cnbc.com/2021/07/09/rebalance-your-portfolio-as-economy-enters-expansion-hsbc-says.html?&qsearchterm=rebalance%20your%20portfolio