アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

市場平均株価は上昇するも、自身の評価益は下落。MA、MCD、V、MRKの下げが効いています。

21年8月7日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。

ポートフォリオSBI証券、21年8月7日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

AAPL

320

$52.50

$146.14

0.19%

$29,964.80

ABBV

40

$104.07

$114.45

-1.59%

$415.20

AMAT

39

$128.00

$142.65

1.94%

$571.35

ASML

8

$630.00

$783.28

2.16%

$1,226.24

AVGO

33

$277.03

$485.43

0.01%

$6,877.20

CDNS

38

$129.77

$151.07

2.32%

$809.40

CSCO

112

$42.07

$55.59

0.40%

$1,514.58

CVX

40

$107.55

$101.95

0.14%

-$224.00

HD

33

$184.39

$329.84

0.50%

$4,799.85

INTC

71

$63.48

$53.92

0.37%

-$678.76

JNJ

61

$141.50

$173.11

0.53%

$1,928.21

LRCX

8

$606.29

$647.96

1.66%

$333.36

MA

42

$207.36

$374.53

-2.96%

$7,021.14

MCD

48

$180.03

$236.26

-2.66%

$2,699.04

MO

192

$58.85

$47.35

-1.44%

-$2,208.00

MRK

120

$72.91

$75.44

-1.86%

$303.60

NTR

230

$38.68

$59.50

0.17%

$4,788.60

OGN

12

-

$29.50

1.69%

$354.00

PG

96

$90.77

$141.41

-0.58%

$4,861.44

SNPS

20

$245.06

$292.43

1.54%

$947.40

TSM

40

$110.00

$118.21

1.35%

$328.40

USB

132

$35.20

$57.00

2.63%

$2,877.60

V

62

$139.80

$241.40

-2.03%

$6,299.20

VOO

51

$264.13

$406.86

0.92%

$7,279.23

       

合計

$83,089.08

 

評価益は先週(7/31)比で-$294.84(-0.35%)です。下落したのは24銘柄中、7銘柄だけですが、比較的構成比率が高い銘柄が下げたせいで評価益も下げました。

以下、主要株価指数です。どれも上昇しているのに私の評価益は下げているのは良くないですね(^^; あまり経験がないパターンです。S&P500は過去最高値、NYダウ、ナスダックも過去最高値付近の値です。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

7月31日

$34,935.47

4,395.26

14,672.68

8月7日

$35,208.51

4,436.52

14,835.76

先週比

$273.04

41.26

163.08

先週比(%)

0.78%

0.94%

1.11%

 

今週はどの日も割と株価は動きました。(経済の減速が懸念される)アメリ長期金利の低下、及び8/4に発表されたアメリカの7月の雇用統計(ADP社発表)で、非農業部門の雇用者数が市場予想を大きく下回ったことが主な理由で株価は下がりました。

一方、アメリ長期金利の下げ止まり、(新型コロナウイルスの感染者数の増加割合と比較し、入院患者数、死者数の増加割合が少ないことからの)経済再開への期待、8/6に発表された雇用統計(アメリ労働省管轄)の非農業部門就業者数が市場予想を上回ったことが主な要因で株価は上昇しました。

 

今週、下げ幅が一番大きかったのはマスターカードで、先週比で-2.96%です。8/2~8/3に下落しています。同業のビザ(-2.03%)も同日に下げています。特にニュースはありませんが、景気敏感株が下げた日に下落しています。

マクドナルドは先週比-2.66%です。8/5以外は下落しています。アメリカで新型コロナウイルスの新規感染者数が再拡大しており、再びマスクが義務化される地域が出てきています。ニューヨーク市は店内飲食、ジムでマスクが必要です。レストラン業界は悪影響を受けると想定され、同業界の株が売られているとのこと。

次にメルクが先週比-1.86%の下落です。8/2、8/4、8/6に下落しています。同業のアッビィ(-1.59%)も同日に下落です。特にニュースは見当たりませんが、ヘルスケア銘柄が併せて売られたのかもしれません。

上昇した方は、USバンコープが先週比+2.63%と一番上昇しました。8/3、8/5、8/6と、NYダウ平均が上げた日に上昇しています。景気循環株が買われたこと、また、アメリ長期金利上昇で、利ザヤ改善が期待されていることが要因です。

ケイデンスデザインシステムズは先週比+2.32%の上昇です。8/3~8/5に上げています。ASML(+2.16%)、AMAT(+1.94%)、ラムリサーチ(+1.66%)、シノプシス(+1.54%)とその他半導体銘柄も上昇しています。

ラムリサーチ以外は過去最高値付近の株価です。8/2、半導体メーカーのオンセミコンダクター(ON)が四半期決算を発表、内容は良好でした。この結果を受け、半導体銘柄が買われたようです。

  

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-19,214,619

現在値

¥27,719,483

現金(ドル、円換算)

¥192,150

損益通算

¥8,697,014

利回り

45.26%

②持株会

投資金額

¥-679,000

現在値

¥1,071,308

繰越金

¥32

損益通算

¥392,340

利回り

57.78%

①+②

評価額

¥28,982,973

損益通算

¥9,134,659

利回り

45.92%

 

利回りは先週比で0.8ポイントほど改善しました。アメリカ株のポートフォリオはわずかに下げていますが、持株会の上昇と円高が影響しています。

目先は、まずはジャクソンホール会議(8/26~8/28)まで様子見を続けたいと思います。

すでに色々な要素が株価に織り込まれていると思いますが、(経済成長、また、企業収益の成長鈍化傾向が見られるなど)何かのきっかけで株価調整が起きるかもしれませんので、それを期待します。 

以上

 

◆参考文献

1)日経新聞、"NYダウ続落、97ドル安 景況感の悪化を嫌気"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_T00C21A8000000/

2)日経新聞、"NYダウ反落、323ドル安 デルタ型拡大や雇用鈍化で"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_V00C21A8000000/

3)日経新聞、"NYダウ3日ぶり反発278ドル高 景気敏感株に買い"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_U1A800C2000000/

4)日経新聞、"NYダウ反発、271ドル高 景気敏感株が上昇"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_W1A800C2000000/

5)日経新聞、"NYダウ続伸144ドル高 最高値更新、米雇用回復を好感"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN06F9C0W1A800C2000000/

6)Seeking Alpha、"Leisure and restaurant stocks fall as more companies fire off mask and vaccine rules"

https://seekingalpha.com/news/3723932-leisure-and-restaurant-stocks-fall-as-more-companies-fire-off-mask-and-vaccine-rules

7)Seeking Alpha、"Semiconductor stocks rally after ON Semi's strong earnings"

https://seekingalpha.com/news/3722999-semiconductor-stocks-rally-after-on-semis-strong-earnings