アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

ジャクソンホール会議は無風。半導体関連銘柄を中心に今週は上昇。評価益は過去最高値を更新。

21年8月28日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。

ポートフォリオSBI証券、21年8月28日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

AAPL

320

$52.50

$148.60

0.28%

$30,752.00

ABBV

40

$104.07

$119.58

0.64%

$620.40

AMAT

39

$128.00

$136.55

7.35%

$333.45

ASML

8

$630.00

$832.92

5.68%

$1,623.36

AVGO

33

$277.03

$495.94

4.37%

$7,224.03

CDNS

38

$129.77

$162.47

3.70%

$1,242.60

CSCO

112

$42.07

$59.02

1.37%

$1,898.74

CVX

40

$107.55

$98.64

4.60%

-$356.40

HD

33

$184.39

$323.38

-1.78%

$4,586.67

INTC

71

$63.48

$53.89

3.61%

-$680.89

JNJ

61

$141.50

$172.93

-3.63%

$1,917.23

LRCX

8

$606.29

$609.59

7.71%

$26.40

MA

42

$207.36

$355.73

0.21%

$6,231.54

MCD

48

$180.03

$237.48

-0.42%

$2,757.60

MO

192

$58.85

$49.53

2.19%

-$1,789.44

MRK

120

$72.91

$76.30

-3.02%

$406.80

NTR

230

$38.68

$61.28

3.29%

$5,198.00

OGN

12

-

$34.25

3.10%

$411.00

PG

96

$90.77

$142.31

-1.92%

$4,947.84

SNPS

20

$245.06

$331.81

4.71%

$1,735.00

TSM

40

$110.00

$118.49

9.59%

$339.60

USB

132

$35.20

$58.30

4.71%

$3,049.20

V

62

$139.80

$232.69

0.57%

$5,759.18

VOO

51

$264.13

$413.86

1.53%

$7,636.23

       

合計

$85,870.14

 

評価益は先週(8/21)比で+$3,500.08(+4.25%)です。24銘柄中、19銘柄が上昇しました。以下、主要株価指数です。ナスダックが大きく上昇しています。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

8月21日

$35,120.08

4,441.67

14,714.66

8月28日

$35,455.80

4,509.37

15,129.50

先週比

$335.72

67.70

414.84

先週比(%)

0.96%

1.52%

2.82%

 

先週下落した反動から、今週は上昇から始まりました。FDAアメリカ食品医薬品局)がファイザーのワクチンを正式承認し、ワクチン接種率が高まるとの期待からも買われています。

8/27にジャクソンホール会議(経済シンポジウム)を控えていたので、週半ばは様子見や持ち高調整ムードでした。その会議終了後、FRBパウエル議長のテーパリング(段階的な金融緩和縮小)に関するコメントが市場の想定内で、その安心感から8/27は上昇、週単位ではプラスで終えました。

上昇率トップは台湾セミコンダクターでした。先週比+9.59%です。1週間右肩上がりですが、特に8/25に大きく上昇しています。同日、同社が最大20%の値上げを発表したことが影響しています。

次にラムリサーチが先週比+7.71%と上昇しました。同業のアプライドマテリアルズ(+7.35%)、ASML(+5.68%)も続いて大きく上昇しています。何れも8/23、8/27に大きく上げました。ASMLは過去最高値です。

企業特有のニュースはなく、半導体関連銘柄が幅広く買われているようです。あるニュースによると、先週エヌビディアが発表した良好な四半期決算が、半導体セクター銘柄の上昇に影響しているとのこと。

同業界のブロードコム(+4.37%)、シノプシス(+4.71%)、ケイデンスデザインシステムズ(+3.70%)、インテル(+3.61%)も大きく上昇しています。

インテルは8/23に特に大きく上昇しています。同日、インテルアメリ国防省との契約合意を発表しています。同省のシステム向けチップの設計、製造を国内で行うというものです。同契約には、ファウンドリー(チップの製造工場)のエコシステムを作るという目的も含まれています。同エコシステム構築のため、IBMケイデンスデザインシステムズ、シノプシスとも提携しているとのこと。

また、長期金利上昇、原油先物価格上昇を受け、USバンコープ(+4.71%)、シェブロン(+4.60%)も上昇しました。

一方で、JNJ(-3.63%)、MRK(-3.02%)、PG(-1.92%)などの最近上昇していた銘柄が下げています。1週間右肩下がりです。固有のニュースではなく、ディフェンシブ株から資金が流出したのかなと思います。

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-19,214,619

現在値

¥28,063,255

現金(ドル、円換算)

¥210,161

損益通算

¥9,058,797

利回り

47.15%

②持株会

投資金額

¥-679,000

現在値

¥1,125,824

繰越金

¥32

損益通算

¥446,856

利回り

65.81%

①+②

評価額

¥29,399,272

損益通算

¥9,550,958

利回り

48.01%

 

利回りは先週比で3ポイント弱上昇しました。アメリカ株、持株会、共に上昇しています。

8/27のジャクソンホール会議は市場の予想通りサプライズはなく、株価が下げるような展開にはなりませんでした。

ここから年末までは上昇、下落、どちらの可能性もあると考えておきます。専門家の間でも意見が分かれていますので。

株価があまりに順調に上昇しているので、少々気味が悪いです(^^; S&P500指数が右肩上がりなので、S&P500 ETFも絶好調です。

株価は下がらないかもしれませんが、私は年内は様子見を続けようと思います。

以上

 

◆参考文献

1)日経新聞、"NYダウ続伸、215ドル高 ワクチン正式承認を好感"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_U1A820C2000000/

2)日経新聞、"NYダウ反落、192ドル安 アフガン情勢悪化が重荷"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_X20C21A8000000/

3)日経新聞、"NYダウ242ドル高 「年内緩和縮小」も利上げ示唆なく"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN27EVJ0X20C21A8000000/

4)Seeking Alpha、"TSMC stock gains on reported plans to raise prices by up to 20%"

https://seekingalpha.com/news/3733888-tsmc-stock-gains-on-reported-plans-to-raise-prices-by-up-to-20

5)Seeking Alpha、"Hot Stocks: Chip stocks rise; TRIL merger deal; EL sets new high; MKTW continues to plummet"

https://seekingalpha.com/news/3733322-hot-stocks-chip-stocks-rise-tril-merger-deal-el-sets-new-high-mktw-continues-to-plummet

6)ZDNet Japan、"インテル、米国防総省と契約--米国内のチップ製造エコシステム強化へ"

https://japan.zdnet.com/article/35175687/