アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

弱気派も株価予想を上方修正。世界的な金融緩和継続と企業利益の急回復が背景。

8/25付のBloombergの記事を読みました。株価上昇の材料も少ない中、アメリカ株は上昇を続けています。記事では、株価動向を上方修正した専門家のコメントが掲載されています。以下要約です。

 

◆要約

・成長鈍化、新型コロナウイルスの感染再拡大、近づくテーパリング(段階的な金融緩和縮小)など、今は暗いニュースが多い。株価上昇の材料もほとんど見当たらない。

・8/16~8/19、ヘッジファンド各社はかなり速いペースで株式を売却。これはここ4か月間で最速。

・現在、ロング(株式の買い)とショート(株式の売り)の割合は1対10(ゴールドマンサックスグループの企業)。

・しかし、この懸念はすぐに吹き飛んだ。8/16週はS&P500指数が下落する日があったものの、すぐに回復し、過去最高値の更新も。中国の中央銀行が資金供給を増やすと発表したことが背景にある。

・今の相場には完全に驚かされている。この勢いは、世界中の金融緩和政策に依存するところが大きい。企業業績が支えているのは一部(ワシントン・クロッシング・アドバイザーズ、アメリカの投資助言会社)。

・2021年末時点のS&P500指数の予想を、従来の3850から4825へ上方修正。企業の利益が想定よりも急回復したため。歴史的に、1~8月で10%以上上昇した場合、残りの月も上昇する傾向にある(ウェルズ・ファーゴの株式ストラテジスト)。

 

記事に書かれているように、一部の機関投資家は警戒して株を売却していたようです。強気派だけでなく、弱気派も存在しており、安心しました。

成長鈍化、新型コロナウイルスの感染再拡大など、この先不安になる材料がありますが、記事内で専門家が指摘するように、世界で金融緩和策が続く限り、株価は上昇を続けそうです。

この先も、上昇理由がわからない時が出てくると思いますが、その際は金融緩和のせいだと思うようにします。

この上昇がいつまで続くかはわかりません。いつかは大きな株価調整が起きます。プロはうまく対処するでしょうが、私は無理です(^^; 資金に余裕が出てくるまでは、暴落待ちの姿勢を続けたいと思います。

以上

 

◆参考文献

Bloomberg、"弱気派が再び降参-悪いニュース多くてもS&P500は最高値更新"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-08-25/QYD92RT0AFB501