アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

長期投資開始から2年10か月でリターンは55.99%。S&P500指数との差が過去最高に開く。

21年8月末時点の銘柄毎のリターンです。「持ち株の評価額と受け取り済み配当金(税引前)を足したもの」を「取得金額」で割っています。

◆銘柄毎のリターン 

銘柄

取得金額

現在値+配当金

リターン

先月比

APPL

$16,800.00

$49,293.60

193.41%

11.79

AVGO

$9,141.99

$17,086.08

86.90%

4.26

HD

$6,084.87

$11,250.36

84.89%

-1.09

MA

$8,709.12

$14,724.18

69.07%

-18.94

USB

$4,646.40

$7,797.24

67.81%

5.26

PG

$8,713.92

$14,495.37

66.35%

1.13

V

$8,667.60

$14,400.12

66.14%

-12.37

NTR

$8,896.40

$14,624.80

64.39%

3.34

VOO

$13,470.63

$21,639.15

60.64%

4.51

CSCO

$4,711.50

$6,773.76

43.77%

8.68

MCD

$8,641.44

$12,046.56

39.40%

-2.92

SNPS

$4,901.20

$6,644.80

35.57%

18.06

ASML

$5,040.00

$6,664.32

32.23%

10.52

JNJ

$8,631.50

$11,213.63

29.92%

0.66

CDNS

$4,931.26

$6,212.24

25.98%

12.20

MRK

$8,749.20

$10,286.28

17.57%

-0.13

ABBV

$4,162.80

$4,883.20

17.31%

8.07

TSM

$4,400.00

$4,778.22

8.60%

2.15

AMAT

$4,992.00

$5,279.43

5.76%

-3.75

LRCX

$4,850.32

$4,848.96

-0.03%

-5.38

MO

$11,299.20

$11,279.36

-0.18%

3.72

CVX

$4,302.00

$3,924.40

-8.78%

-4.21

INTC

$4,507.08

$3,862.93

-14.29%

0.54

 

23銘柄中、15銘柄のリターンが上昇しました。メルクからスピンアウトされたオルガノン(OGN)はメルクの中に含めて算出しています。

以下、主要株価指数です。先月に引き続き、今月も各指数が上昇しました。ナスダック、S&P500は最高値更新を続けています。NYダウ平均も上昇基調ではありますが、他の指数と比較すると、上げ幅は緩やかです。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

7月30日

$34,935.47

4,395.26

14,672.68

8月31日

$35,360.73

4,522.68

15,259.24

先月比

$425.26

127.42

586.56

先月比(%)

1.22%

2.90%

4.00%

 

今月は、7月の雇用統計、アメリ消費者物価指数(CPI)の良好な結果、上院でのインフラ投資法案可決により上昇から始まりました。月半ばは、7月の低調な小売り売上高、公開された7月のFOMCの議事要旨から株価は下落しましたが、後半は好調な企業業績、FDAによるファイザー社製ワクチンの正式承認、及び想定内のジャクソンホール会議の結果などから株は買われました。

 

今月、リターンが一番上昇したのはシノプシスです。先月比で+18.06ポイントです。8/19に大きく上昇しています。前日に同社は2021年Q3の決算を発表、EPS、売上共に市場予想越え、通年の予想売上も上方修正しています。

同業のケイデンスデザインシステムズ(+12.20ポイント)、半導体製造装置メーカーのASML(+10.52ポイント)も大きく上昇しています。8月は半導体メーカーのオンセミコンダクター(ON)、エヌビディア(NVDA)が良好な四半期決算を発表し、この結果から半導体関連銘柄が買われる動きがありました。

アップルも先月比+11.79ポイントとリターンが大きく上昇しました。6月から上昇基調で、3か月連続の2桁上昇、8月は過去最高値を更新しました。特筆すべきニュースはありませんが、大手ハイテク株に資金が流入しています。

一方、下げた方はマスターカードが先月比で-18.94ポイント、ビザが-12.37ポイントとリターンが悪化しています。この1か月下落基調でした。企業固有のニュースは特になく、景気減速の懸念から売られています。この懸念は新型コロナウイルス感染拡大が理由のものと、そうでないものがあります。8月はこの2銘柄が足を引っ張りました。

半導体関連銘柄が大きく上昇した8月ですが、半導体製造装置メーカーのラムリサーチ(-5.38ポイント)、アプライドマテリアルズ(-3.75ポイント)だけは下落しています。8/9週の下落が大きいです。

アナリスト、投資家は2021年後半、DRAM(メモリの1種)価格が下がる可能性があると見込んでいるというニュースが8/10に報道されています。これを受け、メモリメーカーのマイクロン(MU)が大きく下げ、また、ラムリサーチ、アプライドマテリアルズなども大きく下げました。

過去に読んだ記事によると、特にラムリサーチはメモリメーカーへの依存度が高く(19年度は売上高の60%)、今回影響を受けたと思われます。

 

◆全銘柄合計のリターン(起点は18年11月1日)

f:id:investmentandsecondjob:20210902073501p:plain

全銘柄を合計したリターンは55.99%でした(S&P500指数は66.78%)。S&P500指数のリターンはMorningstarのサイト(下記URL)を使い調べています。 https://quotes.morningstar.com/indexquote/quote.html?t=0P00001G7J

7月はS&P500指数との差が縮まり、ほっとしましたが、8月はまた広がり、過去最高の差がついてしまいました(^^;

早くS&P500 ETFを買い、差を縮めたい気持ちですが、今の株価にはかなり割高感を感じます。上昇一辺倒なので。

ですので、ある程度大きく株価が下落するまでは、買わずに待ちたいと思います。それまでリターンの差が開き続けるかもしれませんが、なんとか耐えたいと思います(^^;

以上

 

◆参考文献1

1)Seeking Alpha、"Synopsys EPS beats by $0.03, beats on revenue"

https://seekingalpha.com/news/3732021-synopsys-eps-beats-0_03-beats-on-revenue

2)Seeking Alpha、"Hot Stocks: Chip stocks rise; TRIL merger deal; EL sets new high; MKTW continues to plummet"

https://seekingalpha.com/news/3733322-hot-stocks-chip-stocks-rise-tril-merger-deal-el-sets-new-high-mktw-continues-to-plummet

3)Seeking Alpha、"Semiconductor stocks rally after ON Semi's strong earnings"

https://seekingalpha.com/news/3722999-semiconductor-stocks-rally-after-on-semis-strong-earnings

4)日経新聞、"NYダウ14ドル高、連日最高値 ハイテク株に見直し買い"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_T10C21A8000000/

5)Seeking Alpha、"Micron CFO discusses continuing supply chain shortages as semi stocks pull back"

https://seekingalpha.com/news/3728375-micron-cfo-discusses-continuing-supply-chain-shortages-as-semi-stocks-pull-back

6)Seeking Alpha、"Applied Materials, Lam Research, and KLA trading at record highs: What drives semi equipment stock movements?"

https://seekingalpha.com/news/3638518-applied-materials-lam-research-and-kla-trading-record-highs-what-drives-semi-equipment-stock