アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

今週もポートフォリオの評価益は増加するも、MA、Vが8月に入り下落基調なのが気になります。

21年9月4日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。

ポートフォリオSBI証券、21年9月4日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

AAPL

320

$52.50

$154.30

3.84%

$32,576.00

ABBV

40

$104.07

$111.62

-6.66%

$302.00

AMAT

39

$128.00

$135.83

-0.53%

$305.37

ASML

8

$630.00

$858.11

3.02%

$1,824.88

AVGO

33

$277.03

$497.68

0.35%

$7,281.45

CDNS

38

$129.77

$165.71

1.99%

$1,365.72

CSCO

112

$42.07

$59.42

0.68%

$1,943.54

CVX

40

$107.55

$97.49

-1.17%

-$402.40

HD

33

$184.39

$330.34

2.15%

$4,816.35

INTC

71

$63.48

$53.51

-0.71%

-$707.87

JNJ

61

$141.50

$175.04

1.22%

$2,045.94

LRCX

8

$606.29

$610.71

0.18%

$35.36

MA

42

$207.36

$340.23

-4.36%

$5,580.54

MCD

48

$180.03

$238.82

0.56%

$2,821.92

MO

192

$58.85

$50.97

2.91%

-$1,512.96

MRK

120

$72.91

$77.26

1.26%

$522.00

NTR

230

$38.68

$61.16

-0.20%

$5,170.40

OGN

12

-

$35.61

3.97%

$427.32

PG

96

$90.77

$144.05

1.22%

$5,114.88

SNPS

20

$245.06

$336.64

1.46%

$1,831.60

TSM

40

$110.00

$123.97

4.62%

$558.80

USB

132

$35.20

$56.15

-3.69%

$2,765.40

V

62

$139.80

$225.11

-3.26%

$5,289.22

VOO

51

$264.13

$416.57

0.65%

$7,774.44

       

合計

$87,729.90

 

評価益は先週(8/28)比で+$1,859.76(+2.17%)です。24銘柄中、16銘柄が上昇しました。以下、主要株価指数です。先週に引き続き、ナスダックが上昇しています。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

8月28日

$35,455.80

4,509.37

15,129.50

9月4日

$35,369.09

4,535.43

15,363.52

先週比

-$86.71

26.06

234.02

先週比(%)

-0.24%

0.58%

1.55%

 

今週は、8月のアメリカ消費者信頼感指数、同じく同月のアメリカ雇用統計が市場予想を下回り、また、持ち高調整などからNYダウは下落しました。ただ、どの日も動きは少なく、1週間終わっても小幅下落でした。一方、長期金利が低下したことから、PERの高いハイテク株などが買われています。

 

今週大きく上げたのは台湾セミコンダクターで、先週比+4.62%です。9/3に大きく上昇しています。特にニュースは見当たりませんが、先週発表した値上げの影響がまだ残っているのかなと推測します。同社の株価は2月につけた$140.05が最高値のようです。$120を超えると下落する傾向があるので、繰り返すのか今後の動向に注目です。

次にアップルが上昇しました。先週比+3.84%です。8/31以外は上昇で、8/30の上げが特に大きいです。2021年のiPhone出荷量は前年比14%増になる見込みと、同日、International Data Corporation(アメリカの調査会社)が発表していました。Androidを超える数とのこと。

ASMLは先週比+3.02%です。8/30、9/1、9/2に上昇しました。特にニュースは見当たりません。同社の株価は8月中旬から上昇ペースを上げています。(ASMLの顧客の1社である)サムスンが今後3年間、投資金額を過去3年間と比較し、33%増やすと発表しています。これが影響している可能性があると、ある専門家は考えています。

下落した方はアッビィの下げが大きいです。先週比-6.66%です。9/1に大きく下落しています。JAK阻害剤(炎症や関節破壊を抑える薬の1種)で、心臓発作、血栓などのリスクが増加する可能性があるとFDAが警告したというニュースが同日に報道されました。これが影響しています。

マスターカードは先週比で-4.36%です。9/1以外は下落しています。同業のビザも-3.26%、9/1、9/3以外は下げました。

アファーム・ホールディングス(AFRM)が後払いサービスを開始すると、8/27に発表しました。アマゾンと提供するとのこと。競合になるとみられるクレジットカード銘柄が下げています。また、アメリカ経済の回復鈍化懸念からも売られています。

両銘柄とも8月に入り下落基調です。景気への懸念から売られていると思いますが、先の後払いサービスとの競合も影響しているなら、これから少々不安になります。動向に注意したいと思います。

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-19,214,619

現在値

¥28,265,253

現金(ドル、円換算)

¥213,664

損益通算

¥9,264,298

利回り

48.21%

②持株会

投資金額

¥-679,000

現在値

¥1,163,225

繰越金

¥32

損益通算

¥484,257

利回り

71.32%

①+②

評価額

¥29,642,174

損益通算

¥9,793,860

利回り

49.23%

 

利回りは先週比で1ポイント強上昇です。アメリカ株、持株会、どちらも上昇基調にあり、通算利益が10,000,000円に達するまでもう少しのところまできました。

9月のFOMCは9/21~9/22です。このタイミングで、テーパリング開始時期が発表されると予想する専門家もいます。目先はこのFOMCを節目に株価動向を追っていきます。

今のところその気配はありませんが、私は大きな株価調整を待っています。今の精神状態だと、まだ待ち続けられそうです。

以上

 

◆参考文献

1)日経新聞、"NYダウ続落、39ドル安 消費者心理の悪化で"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_R00C21A9000000/

2)日経新聞、"NYダウ反落、74ドル安 雇用統計が予想下回る"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_U1A900C2000000/

3)Seeking Alpha、"Apple shares reach all-time high on busy day for tech titan"

http://Apple shares reach all-time high on busy day for tech titan

4)The Motley Fool、"Why ASML Holding Rose 10.3% in August"

https://www.fool.com/investing/2021/09/02/why-asml-holding-rose-103-in-august/?source=djc&utm_source=djc&utm_medium=feed&utm_campaign=article&mod=mw_quote_news

5)Seeking Alpha、"AbbVie defended on Wall Street after FDA update on Rinvoq sparked selloff"

https://seekingalpha.com/news/3736262-abbvie-defended-on-wall-street-after-fda-update-on-rinvoq-sparked-selloff

6)Seeking Alpha、"FDA requires updated warnings on JAK inhibitors citing increased risks of heart events"

https://seekingalpha.com/news/3736141-fda-requires-updated-warnings-on-jak-inhibitors-citing-increased-risks-of-heart-events

7)日経新聞、"NYダウ反落55ドル安 景気敏感株に売り"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_R30C21A8000000/