アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

テーパリング、利上げ開始を考慮し、新興国から資金が撤退中

8/23付の日経新聞の記事を読みました。3週間前と少し前の記事ですが、市場の基本的なことを解説してくれる記事で、個人的には参考になる内容でした。以下要約です。

 

◆要約

・6月中旬以来、アメリカの2年物国債利回りは上昇中。8/18、7月のFOMC議事要旨が公開された後も上昇を続ける。FOMCメンバーの多くが、早期テーパリング(段階的な金融緩和縮小)開始を支持していたため。

・一方で、10年物国債利回りは下落基調(下記グラフ1参照)。

<グラフ1>アメリカの10年、2年物国債利回り推移

f:id:investmentandsecondjob:20210913082741p:plain

(出典:日経新聞

・償還期間の短い国債ほど、金融政策に影響を受ける。同期間の長い国債ほど、将来の景気動向に影響を受ける。

・市場はテーパリングに加え、その先の利上げ開始時期前倒しも考慮し始めている。アメリカ10年物国債の(先物のオプションの売買動向から算出される)スキュー指数は8月上旬に+0.8へ上昇。FRBの強気姿勢が理由。同指数は、金利の急上昇に市場が備えるようになると上昇する。

・(中国を除く)新興国株式市場の外国勢による資金流出入金額を調査すると、7月は今年一番の流出。金額は114億ドル(IIF、国債金融協会)。アメリカの金利上昇、ドル相場上昇に伴い、相対的に新興国資産の魅力が減ったことが要因。

MSCI新興国株指数(27の国、地域の株式市場をカバーする指数)は7月以降、伸び悩む。8/19は年初来最安値をつける。

・金も下落基調。金利なしのため、金利上昇時には下がりやすい(下記グラフ2参照)。8/6に発表された7月のアメリカ雇用統計が市場予想を上回り、テーパリングの織り込みが加速。

<グラフ2>金の「買い持ち高」ー「持ち売り高」

f:id:investmentandsecondjob:20210914222356p:plain

(出典:CFTC)

・次のFOMCは9月21日~22日。ここまでの各種イベントの結果次第で、テーパリングを考慮した取引がさらに加速する可能性あり。

 

テーパリングが意識され、アメリカ国債市場、新興国株式市場、商品先物市場にはそれがはっきりと表れているとのこと。

私は基本的にアメリカ株式市場しか見ていません。テーパリングが世間で盛り上がるも、あまり影響は出ていなさそうだなと思っていたのですが、明確に出ているようです(^^;

今回読んだ記事の発行から3週間経ちました。今、下記指数の下落基調はひとまず止まっています。

>2年、10年国債利回り推移

https://graphics.reuters.com/USA-BONDS/LJA/gjnpwyblqpw/index.html

>MSCI新興国株指数

https://www.nikkei.com/nkd/company/chart/?type=6month&scode=1681&ba=1

今回読んだ記事は個人的に参考になりました。世の中の動向は掴めるようになりたいので、視野を広げるきっかけにしていきたいと思います。

以上

 

◆参考文献

1)日経新聞、"緩和縮小にらむ投資マネー 米2年債・新興国株から退避"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB167LQ0W1A810C2000000/

2)Reuters、"米国債利回りと株価の推移"

https://graphics.reuters.com/USA-BONDS/LJA/gjnpwyblqpw/index.html

3)日本経済新聞、"上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)"

https://www.nikkei.com/nkd/company/chart/?type=6month&scode=1681&ba=1