アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

中国恒大集団の経営危機により株価急落。専門家の見解は?

9/21付のReutersの記事を読みました。中国の不動産開発大手である恒大集団の経営危機により、9/20、世界の株式市場は大幅下落しました。この下落に対する専門家の見解が記事になっています。以下要約です。

 

◆要約

<<ロングボウ・アセットマネジメント>>

・調整は起こって当然の時期だった。今回の下落理由は恒大集団の先行き懸念、及びそれがもたらす影響。

・市場は相場の変動要因を探している可能性あり。

<<キングズビュー・アセット・マネジメント>>

・今回の下落が市場が求めていた調整局面になる可能性も。ただ、質へ逃げる動きは見えていない。これは市場がさらなる下落を想定していないことを示す。

・目先、9/21~9/22のFOMCアメリカの債務上限の課題があるものの、ほとんど織り込まれているはず。

<<クレセット・キャピタル・マネジメント>>

・その他企業への、恒大集団のデフォルトリスク波及を想定し、投資家はまずは手持ち株式を売却している。

<<サスケハナ・フィナンシャル・グループ>>

・VIX(恐怖)指数、スキュー(市場のゆがみを表す)指数、期間構造などから、ある程度の調整は予想されていた。混乱は見られない。

<<JPモルガン>>

・今回の下落はテクニカル売り、及び一部トレーダーの過剰反応によるもの。今は買う良い機会。

 

今回読んだ記事の内容を信じる限り、株価下落はそう続かないようです。実際、NYダウの寄り付き前価格を確認すると、$200超上昇しています。

まあ、そうなるかなと思っていましたが、残念です(^^; 市場はあまり心配していないようです。

これで本当に株価調整が終わるなら仕方がありません。諦めます(^^; これくらいの調整では投資に踏み切れません。

恒大集団の問題はまだ引きずるかもしれませんので、引き続き株価動向には注目します。

以上

 

◆参考文献

1)Reuters、"米株急落:識者はこうみる"

https://jp.reuters.com/article/instant-view-stx-idJPKBN2GG1O5

2)Reuters、"米オプション市場、一段安に備える動き見られず 米株急落でも"

https://jp.reuters.com/article/idJPKBN2GG1NO

3)野村証券、証券用語解説集、"スキュー指数"

https://www.nomura.co.jp/terms/japan/su/A02845.html