アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

また半導体関連銘柄が下がるも、NTRなど景気敏感株が下支え、今週はプラスで着地。

21年10月9日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。

ポートフォリオSBI証券、21年10月9日時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

損益

AAPL

320

$52.50

$142.90

0.18%

$28,928.00

ABBV

40

$104.07

$111.18

1.92%

$284.40

AMAT

39

$128.00

$126.22

-2.25%

-$69.42

ASML

8

$630.00

$730.27

-1.56%

$802.16

AVGO

33

$277.03

$492.85

1.13%

$7,122.06

CDNS

38

$129.77

$150.12

-1.89%

$773.30

CSCO

112

$42.07

$55.08

-0.11%

$1,457.46

CVX

40

$107.55

$108.05

3.57%

$20.00

HD

33

$184.39

$334.34

1.36%

$4,948.35

INTC

71

$63.48

$53.81

-0.09%

-$686.57

JNJ

61

$141.50

$160.93

0.29%

$1,185.23

LRCX

8

$606.29

$550.16

-3.43%

-$449.04

MA

42

$207.36

$354.96

-1.45%

$6,199.20

MCD

48

$180.03

$247.70

1.96%

$3,248.16

MO

192

$58.85

$46.73

1.90%

-$2,327.04

MRK

120

$72.91

$80.63

-0.95%

$926.40

NTR

230

$38.68

$70.19

4.45%

$7,247.30

OGN

12

-

$32.57

-2.28%

$390.84

PG

96

$90.77

$141.73

1.54%

$4,892.16

SNPS

20

$245.06

$291.66

-3.58%

$932.00

TSM

40

$110.00

$110.04

-1.36%

$1.60

USB

132

$35.20

$62.33

2.58%

$3,581.16

V

62

$139.80

$230.27

-0.08%

$5,609.14

VOO

51

$264.13

$402.94

0.96%

$7,079.31

       

合計

$82,096.16

 

評価益は先週(10/2)比で+$1,269.56(+1.57%)です。24銘柄中、半数の12銘柄が上昇しました。以下、主要株価指数です。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

10月2日

$34,326.46

4,357.04

14,566.70

10月9日

$34,746.25

4,391.34

14,579.54

先週比

$419.79

34.30

12.84

先週比(%)

1.22%

0.79%

0.09%

 

初日の月曜日は大きく下げました。アメリ長期金利上昇、経済、金融市場への恒大集団(中国の不動産開発大手)問題の波及懸念、インフレ、サプライチェーン問題など、現在市場にある懸念事項の影響が背景にあります。

翌日以降は上昇しました。9月のISM製造業景況感指数が市場予想を上回ったこと、アメリカ政府の債務問題が先送りされたことなどが要因です。

ニュートリエンが今週も大きく上昇しました。先週比+4.45%です。10/6以外は上昇しています。8月後半以降、同銘柄は上昇を続けており、最高値更新を続けています。肥料価格の上昇、経済活動の再開から支持が続いているようです。

シェブロンは先週比+3.57%です。10/6以外上昇しています。原油先物相場の上昇から買われています。

USバンコープは先週比+2.58%の上昇です。10/4以外上昇しています。アメリ長期金利の上昇から、金融銘柄に資金が入っています。株価が$60を超えたのは5月以来です。夏の間は少し低迷していましたが、9月後半から上昇基調になっています。

ホームデポは1.36%と上昇していますが、Loop Capital(アメリカの投資銀行)が同銘柄を買いから中立へ格下げしたというニュースがありました。サプライチェーンと、来年のFedによる利上げをリスクとして挙げています。

住宅価格上昇という追い風がありますが、コロナ特需は落ち着くと予想しており、小売業界全体に対する(先に挙げた)リスクがさらに高まっているとみています。このニュースが報道された10/8、同銘柄の株価は下げています。

下落した方は、半導体関連銘柄が下げています。シノプシス(-3.58%)、ラムリサーチ(-3.43%)、アプライドマテリアルズ(-2.25%)、ケイデンスデザインシステムズ(-1.89%)、ASML(-1.56%)などです。

長期金利の上昇から、PERの高いテクノロジー銘柄が売られています。半導体関連銘柄は特に値が上昇していたので、最近下げが目立ちます。

 

◆損益通算結果

SBI証券

投資金額

¥-19,214,619

現在値

¥28,115,566

現金(ドル、円換算)

¥261,938

損益通算

¥9,162,885

利回り

47.69%

②持株会

投資金額

¥-687,000

現在値

¥1,166,672

繰越金

¥35

損益通算

¥479,707

利回り

69.83%

①+②

評価額

¥29,544,211

損益通算

¥9,687,897

利回り

48.68%

 

利回りは先週比で1.53ポイント上昇しました。9月末以降、株価は下がっていますが、円安傾向が続いているので、利回り自体はそこまで悪化していません。

さらなる株価下落を期待していますが、残念ながら今週は下がりませんでした。10/8に発表された、9月のアメリカ雇用統計は市場予想を下回りましたが、大きな下落には至っていません。

ただ、中国の恒大集団関連、インフレ、中国経済の成長鈍化など、リスクはまだまだありますので、私は株価調整を期待して待ちます。

目先は次のFOMC(11/2~11/3)を目安に様子見を続けていきたいと思います。

以上

 

◆参考文献

1)日本経済新聞、"NYダウ反落、323ドル安 主力ハイテク株が総崩れ"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_V01C21A0000000/

2)日本経済新聞、"NYダウ続伸102ドル高 債務上限問題の懸念和らぐ"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_W1A001C2000000/

3)日本経済新聞、"NYダウ続伸、337ドル高 債務上限問題への懸念後退"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_Y1A001C2000000/

4)日本経済新聞、"NYダウ小反落 雇用回復の伸び鈍化を嫌気" 

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFL00001_Z01C21A0000000/

5)Seeking Alpha、"Banks, insurers climb higher as 10-year Treasury yield breaks above 1.5%"

https://seekingalpha.com/news/3749087-banks-insurers-climb-higher-as-10-year-treasury-yield-breaks-above-15

6)Seeking Alpha、"Home Depot, Lowe's downgraded at Loop Capital on supply chain challenges"

https://seekingalpha.com/news/3750935-home-depot-lowes-downgraded-at-loop-capital-on-supply-chain-challenges