アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

銀行業界でソフトウェア開発者の重要性が高まり、人員削減が進むと見込まれています

9/29付のBloombergの記事を読みました。ウェルズファーゴのアナリストが発行したレポートに関する内容です。今、銀行業界でソフトウェア開発者の重要性が高まっており、また、同業界で人員削減が進むと見込まれています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・これから銀行業界では大規模な人員削減が進む。同業界ではソフトウェア技術者の採用が伸びているため。

・ソフトウェア技術者の増員により、技術の発展、業務の自動化に繋がる。次の5年間で10万人程度の人員削減が可能となる。

・新規採用により、削減幅は縮小される可能性も。しかし、銀行業界にとって過去最大級の雇用削減機会には違いない。

・2020年、銀行業界は情報技術に2000億ドルを投資。これはその他業界を上回る規模。同業界で技術者の価値が高まっていることを意味する。

・これからは技術者がバンカー(銀行家。銀行の中で重要な役職に就いている者)になる。

・今回の人員削減により、銀行の人件費が急速に減少するかは不透明。ソフトウェア技術者は比較的報酬が高いため。

 

銀行業界の将来がどうなるか不安ですが、このようなニュースを読むと期待が持てます。

ソフトウェア技術者が重要視されているということは、銀行はフィンテック企業への変貌を目指しているようです。世の中の1つの流れとして頭に入れておきます。

今後、銀行がどのような事業を展開していくのか、楽しみになってきました。今まで以上に関心を持っていきたいと思います。

以上

 

◆参考文献

1)Bloomberg、"銀行業界、空前の人員削減へ「ソフト開発者がバンカー」-メイヨー氏"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-28/R050CADWRGG601

2)Cambridge Disctionary、"banker"

https://dictionary.cambridge.org/ja/dictionary/english/banker