アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

モルガンスタンレーCEO「早期の利上げ開始が必要。でも大幅下落は期待しないで」

10/15付のBloombergの記事を読みました。モルガンスタンレーCEOのインタビュー内容が記事になっています。早めの利上げ開始を主張しています。以下要約です。

 

◆要約

・今のバブルを少し壊す必要あり。現金が簡単に調達できる状況にある。近いうちの利上げが必要(モルガンスタンレーCEO)。

・インフレが進行中。賃金上昇、サプライチェーン問題、コモディティ価格の急上昇が要因。このインフレは一時的ではない。FRBは当初予定よりも、早めに行動する必要がある(モルガンスタンレーCEO)。

・現在のインフレは一過性ではない(ゴールドマンサックスCEO、ブラックロックCEO)。

・今のインフレは次の数四半期は続く(JPモルガンチェース)。

・私なら利上げは22年1~3月までに始める。次の1年の間に利上げを初めても危機が来るわけではない(モルガンスタンレー)。

・通常、テーパリング、利上げの時期が明確になると資産価格は下落する。しかし、今回はその懸念はない。早期の利上げが必要なのは市場も織り込み済み。経済正常化まで10回の利上げが必要と見込む(モルガンスタンレー)。

 

初めにこの記事を目にした時は、「バブルに少し穴を開ける必要がある」という言葉が飛び込んできました。

大幅下落を煽っているのかなと思いましたが、読み進んでみると、金融引き締めを示唆しても今回は「資産価格下落の懸念はない」とのこと。

市場はすでに早期の利上げ開始も織り込んでいるようです。本当ですかね(^^: これが本当だとすると、期待していた大幅調整の機会が1つ減ってしまいます。

大きな下落はないかもしれませんが、少しずつ下落していくかもしれません。これから、FRBが発するメッセージと、その後の株価動向に注目したいと思います。そのうえで、どのあたりで追加投資してくのか考えます。

以上

 

◆参考文献

Bloomberg、"「バブルに穴を」、米国には利上げ必要-モルガンSのゴーマンCEO"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-10-14/R0Z3T3T0AFB401