アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

フィデリティ・インベストメンツ「投資を始めるために、大きな変化は必要ない」

10/27付のCNBCの記事を読みました。(アメリカの投資ファンドである)フィデリティ・インベストメンツが行った2021 Women and Investing Studyという調査の結果が記事で取り上げられています。以下要約です。

 

◆要約

・フィデリティ・インベストメンツが行った2021 Women and Investing Studyの結果によると、長期的なリターンに関しては男性と比較し、女性の方が少し(0.4%)投資結果が良かった。

・この調査は2011年1月から2020年12月まで、520万人の同社顧客のパフォーマンスを対象としたもの。

・この結果にはいくつか理由がある。女性はトレード回数がより少ない。株価が下落しても売りはせず、追加手数料発生を控える。また、女性はより一貫して投資し続ける傾向にある。これはタイミングを見計らって投資しないことを意味する。

・過去の調査でも、同様の理由で女性の方がパフォーマンスが高かった。

・投資スキルに関して、女性は男性よりも自信がないと考えている。退職年金制度を使って資金を運用する2,400人を対象にした調査結果によると、自身の投資知識に満足している女性は40%。

・この調査結果は女性対男性ではない。私がフォーカスしたいのは、女性は良い投資家ではないというのは神話であること。女性は自信がない。しかし、この調査結果は女性は投資が得意ということを示す(フィデリティ・インベストメンツ)。

・男性は投資の世界に飛び込むのをためらわない一方、女性は良い投資をするために、もっと学ばないといけないと考える傾向がある。女性は自身の能力を疑っている(フィデリティ・インベストメンツ)。

・そんなことをする必要はない。お金や投資について、周りの人と話し始めるのも、より自信を持つ手段の1つ(フィデリティ・インベストメンツ)。

投資信託株価指数の全てを理解する必要はない。投資を始めるために大きな変化は必要ない。給料のごく一部など、まずは小さく始めることから勧める(フィデリティ・インベストメンツ)。

 

記事は、投資に対して女性に自信を持ってもらうための内容でした。記事内で登場するフィデリティ・インベストメンツの方は、同社内にあるWomen investors and customer engagementという部署のトップの方です。

調査結果の「株価が下落しても売らない」「タイミングを見計らって投資しない」は長期、パッシブ運用を推奨する本に載っている内容です。

個人投資家には重要なことだとは理解しますが、個人的にはタイミングを見計らって投資したくなります(^^; この点だけはまだ続けていきたいです。

記事の後半にある「投資を始めるために、大きな変化は必要ない」という言葉は、投資を始めたいと考えている方にぴったりだと思います。

私は知識ほぼゼロで、数十万、百数十万円の投資から始め、そこから本などで、株式投資の勉強を始めました。私にはこの手順が合っていました。私の場合、勉強から始めたなら、いつ投資できたかわかりません。お金がかかっていたので、勉強できました。

私の場合、株式投資を始める、続けていくのに多くの知識は必要ありませんでした。ただ、知識ゼロだときついです。ある程度は理解しないと、自分のやっていることに自信が持てません。

私は株式投資を始めて3年4か月が過ぎました。今も大した知識はありませんし、今後も身につけたいとは思いません。株式投資そのものに詳しくなりたいとは思わないためです。

ただ、お金はほしいし、資産を増やすことによる安心感はほしいです(^^; 世の中が今どう動いていて、今後どうなるかについては、投資を継続していく上で理解する必要があるので、趣味と思える範囲で勉強を続けていきたいと思います。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"Women get better returns on their investments than men—here’s why"

https://www.cnbc.com/2021/10/27/why-women-get-better-returns-on-their-investments-than-men.html?&qsearchterm=women%20get%20better