アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

最近の調査結果でもパフォーマンスは、パッシブ>アクティブであることが証明されています

11/1付のCNBCの記事を読みました。アクティブファンドよりもパッシブファンドの方が成績がいいよと解説する内容です。従来から言われていることですが、モーニングスターS&Pグローバルが改めて調査したところ、同じ結果が出たそうです。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・単調な市場では、市場平均をアウトパフォームすることは期待するな。そして、経済見通しが急激に変化し、市場のボラティリティが高くなる時、パッシブファンドをアウトパフォームできると、この数十年間、アクティブマネージャー達は主張してきた。

・2020年、2021年は、この数十年で最もボラティリティが高い年の1つになった。モーニングスター、及びS&Pグローバルが調査したところ、同じ結果になった。先のファンドマネージャーの主張は機能しなかった。

・2021年6月までの1年間、約3,000のアクティブファンドの内、47%だけがパッシブファンドをアウトパフォーム。コイントスのようなもの(モーニングスター)。

・このモーニングスター発行のレポートは、アメリカのアクティブ、パッシブファンドのパフォーマンスを評価したもの。ファンドの成績を評価する時、手数料、生存者バイアスを考慮する。

・生存者バイアスを考慮するのはとても重要。大型株を運用するファンドの40%は、10年以内に消滅する。多くのファンドマネージャーは銘柄選定がうまくない。

S&P Dow Jones Indicesが発行した最近のレポートも同じような結果に。1年を通してS&P500指数と同等のパフォーマンスを出したのは、大型株ファンドの58%、中型株の76%、小型株ファンドの78%だけ。

・10年超の長期的な視点で見ると、アクティブファンドマネージャーのパフォーマンスはさらに悪化する。アクティブファンドの25%だけが、パッシブファンドをアウトパフォームした結果に(モーニングスター)。

・大型株ファンドに限定すると、さらにパフォーマンスは悪化。パッシブファンドをアウトパフォームしたのは大型株ファンドの内、11%のみ。大型株ファンドはアクティブファンドの中で最も投資家から支持されている。

ファンドマネージャーは2~3年であれば良い結果を得るかもしれないが、それはめったに続かない。

・銘柄選択者は市場をアウトパフォームしないと1930年代から知られてきたが、1960年代初頭まで株価に関する包括的で信頼できるデータベースは存在しなかった。

・1970年代、1980年代になると、ファンドマネージャーは市場平均をアウトパフォームしないということが、信頼できる証拠がより集まり、事実になってきた。

・アクティブファンドが勝てない要因は多面的。まず、アクティブファンドはタイミングを計って投資する。しかし、良いタイミングで投資することはかなり難しいと証拠が示している。

・第2に、仮にアクティブファンドがアウトパフォームしても、彼らに支払う手数料、及び売買手数料が超過分を食い尽くしてまう。

・3つ目は、アクティブファンドのパフォーマンスは悪化傾向にある。これは、彼らが機関投資家同士で競合しているため。株の大半を個人が保有していた第二次世界大戦前と異なり、今日、個人投資家保有する割合はごく僅か。

モーニングスターのレポートから明らかなのは、もし我々がアクティブファンドマネージャーを選ぶなら、手数料が最も安いところを選んだ方が良いということ。

・21年6月末までの10年間で、手数料が最も高価なファンドと比較し、最も安価なファンドは2倍パフォーマンスが良い。より安価なファンドの66%が生き残り、より高価なファンドは59%生き残った。

 

パッシブ投資の方がリターンが高いということは、これまで読んできた本で学んできました。最近の調査でも同じ結果が出たという記事の解説でした。

機関投資家もビジネスなので「市場平均を上回るパフォーマンスを出せる」と言わざるを得ないのは理解できます。長期的に見ると、パッシブ投資に勝てないのはアクティブファンドもわかっているはず、と思います。

私はS&P500 ETF保有していますが、投資金額の約8%と構成比率は低いです。インデックス投資ではなく、個別株投資を行っている理由を考えてみました。

インデックス投資のデメリットは面白みがない、勉強しなくなる、配当金が少ない、こんなところでしょうか。個人的にはこういった理由があるので、個別株を多く保有しています。

ただ最近は、パフォーマンスがS&P500指数に劣ってきているので、S&P500 ETFの割合を増やそうと考えています(^^; 数%ならまだしも、10%程度リターンが負けているときついです(^^;

今後はS&P500 ETFへの投資比率を高めます。同ETFの株価が高いので、大きな調整を期待しています。

以上

 

◆参考文献

CNBC、"In one of the most volatile markets in decades, active fund managers underperformed again"

https://www.cnbc.com/2021/11/01/in-one-of-the-most-volatile-markets-in-decades-active-fund-managers-underperformed-again.html?&qsearchterm=in%20one%20of%20the%20most%20volatile