アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

市場平均株価は下げるも、MA、MRK、半導体関連銘柄などの上昇で評価益は最高値を更新

21年11月13日現在の私のアメリカ株ポートフォリオです。

ポートフォリオSBI証券、21年11月13時点)

銘柄

数量

取得価格

現在値

先週比

評価損益

AAPL

320

$52.50

$149.99

-0.85%

$31,196.80

ABBV

40

$104.07

$116.97

-0.18%

$516.00

AMAT

39

$128.00

$156.82

2.30%

$1,123.98

ASML

8

$630.00

$851.63

0.55%

$1,773.04

AVGO

33

$277.03

$563.22

0.77%

$9,444.27

CDNS

38

$129.77

$181.44

1.93%

$1,963.46

CSCO

112

$42.07

$56.82

-0.44%

$1,652.34

CVX

40

$107.55

$114.23

-0.44%

$267.20

HD

33

$184.39

$372.63

1.15%

$6,211.92

INTC

71

$63.48

$50.31

-1.20%

-$935.07

JNJ

61

$141.50

$165.01

0.97%

$1,434.11

LRCX

8

$606.29

$624.42

2.23%

$145.04

MA

42

$207.36

$363.50

4.22%

$6,557.88

MCD

48

$180.03

$250.67

-1.59%

$3,390.72

MO

192

$58.85

$44.92

-0.62%

-$2,674.56

MRK

120

$72.91

$84.00

2.93%

$1,330.80

NTR

230

$38.68

$68.31

2.02%

$6,814.90

OGN

12

-

$33.70

-7.11%

$404.40

PG

96

$90.77

$146.56

0.36%

$5,355.84

SNPS

20

$245.06

$340.01

-0.22%

$1,899.00

TSM

40

$110.00

$118.69

0.76%

$347.60

USB

132

$35.20

$60.50

-0.31%

$3,339.60

V

62

$139.80

$212.09

-2.11%

$4,481.98

VOO

51

$264.13

$429.57

-0.26%

$8,437.44

       

合計

$94,478.69

 

評価益は先週(11/6)比で+$919.61(+0.98%)です。24銘柄中12銘柄が上昇、残り半数の12銘柄が下落という結果になりました。どの銘柄も変動幅は少ないです。

以下、主要株価指数です。3指数はここまで5週連続で上昇していましたが、6週連続とはなりませんでした。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

11月6日

$36,327.95

4,697.53

15,971.59

11月13日

$36,100.31

$4,682.85

15,860.96

先週比

-$227.64

-14.68

-110.63

先週比(%)

-0.63%

-0.31%

-0.69%

 

アメリカの下院でインフラ法案が可決されたこと、10月のアメリカ雇用統計が市場予想を超えたこと、アメリ長期金利上昇が一服したことなどが今週の上昇要因です。

一方、10月のアメリ消費者物価指数(CPI)が市場予想を大きく超えたこと、このことから利上げ時期前倒しの可能性が高まったこと、長期金利の上昇などが影響し、株価が下落しました。

今週大きく上昇したのはマスターカードでした。先週比+4.22%です。11/10、11/12に大きく上げています。

アメリカ政府が海外からの渡航者に対する制限を緩和したことを受け、マスターカードは長期的な見通しを上方修正しました。現在の決済需要は、渡航者がコロナ前の70%、アメリカ、イギリス、カナダの国内需要がコロナ前の50%しかなく、これから上昇が見込めると同社は考えています。

メルクは先週比+2.93%と上昇しています。11/8、11/10に上昇、それ以外の日はほとんど変化なしです。同社が開発した新型コロナウイルス治療薬に関するニュースが、今週もいくつか報道されていましたが、上昇の理由は11/5の大幅下落の反動があるように見受けられます。

アプライドマテリアルズ、ラムリサーチは先週比+2.30%、2.23%と上昇しています。11/11、11/12に上げています。11/10に半導体関連銘柄が大きく下げた反動と、アメリ長期金利上昇の一服が理由です。

ニュートリエンは先週比+2.02%の上昇です。11/8に上昇しています。肥料価格のベンチマークとなるGreen Markets North American Fertilizer Price Indexは、先週に引き続き過去最高値を更新したとのこと。肥料メーカーには喜ばしいことですが、農家のコストが上がり、それが消費者価格に跳ね返ってくることが想定されています。

ニュートリエンの株価は3週連続下落していたので、上昇はその反動もあるかもしれません。

今週一番上昇した銘柄はマスターカードですが、同業のビザは先週比-2.11と下げています。11/10、11/11と下落しました。マスターカードは見通しを上方修正するレポートを発表しましたが、それに釣られて上昇とはなりませんでした。

 

◆通算損益、及び利回り

SBI証券

投資金額

¥-19,214,619

現在値

¥30,120,649

現金(ドル、円換算)

¥303,502

通算損益

¥11,209,532

利回り

58.34%

②持株会

投資金額

¥-687,000

現在値

¥1,437,657

繰越金

¥35

通算損益

¥750,692

利回り

109.27%

①+②

評価額

¥31,861,843

通算損益

¥12,005,529

利回り

60.32%

 

利回りは先週から約1ポイントの上昇です。

今週はインフレ継続を予想させる経済指標が出ましたが、市場は落ち着いているようです。

私は(10%超の)大きな株価調整を期待し、様子見を続けていますが、まだまだそんな機会に出会えそうにありません。いつ来るかわからないものを期待して待つとしんどいです。

過度な期待は止めたつもりですが、どこかでまだ期待しています(^^; 私は肩の力を抜くことを学ばないといけないようです。

以上

 

◆参考文献

1)日本経済新聞、"NYダウ104ドル高、最高値更新 ナスダックは11連騰"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_Z01C21A1000000/

2)日本経済新聞、"米国株、ダウ反発し179ドル高 主力ハイテク株に買い直し ナスダック続伸"

https://www.nikkei.com/article/DGXZASB7IAA05_T11C21A1000000/

3)日本経済新聞、"NYダウ、240ドル安 インフレ加速懸念や金利上昇で"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN10F8B0Q1A111C2000000/

4)Seeking Alpha、"Mastercard sees cross-border activity rising, introduces new long-term goals"

https://seekingalpha.com/news/3769656-mastercard-sees-cross-border-activity-rising-introduces-new-long-term-goals

5)Seeking Alpha、"Fertilizer prices soar to all-time highs, hitting farmers and consumers"

https://seekingalpha.com/news/3770261-fertilizer-prices-soar-to-all-time-highs-hitting-farmers-and-consumersv