アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

バンクオブアメリカ「今月、世界の資産運用会社は現金比率を高め、株式比率を圧縮」

12/24付のBloombergの記事を読みました。過去数週間、(テクノロジー銘柄など)一部銘柄が大きく下落しましたが、その背景を解説する内容です。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・この数週間、ボラティリティが高い状況が続いていたが、今は落ち着きつつある。

・今月の売りは主にヘッジファンドがリスクを削減していたため。(ソフトウェア銘柄など)モメンタム株の保有率を下げた。

・リスク削減はかなり進み、売り手の売却は終了。投資家はオミクロン株の終息後を視野に入れる。しかし、今の株価上昇は継続しない(キャンター・フィッツジェラルドアメリカの金融サービス会社)。

・強気相場は終了。金融緩和縮小により、リスクを取る投資家には逆風となる(キャンター・フィッツジェラルド)。

・過去数週間、S&P500指数が過去最高値を更新する一方、ラッセル2000、高PERのソフトウェア銘柄(赤字企業)、IPO ETFは大幅調整に入った。

<グラフ>上昇基調のS&P500指数と急落指数/銘柄

f:id:investmentandsecondjob:20211230112723p:plain

(出典:Goldman、Bloomberg

・今月、各国の資産運用会社は現金比率を高めた。今は20年5月以来の高い水準。一方、株式の保有率は下げ、1年1か月ぶりの水準に(バンクオブアメリカ)。

・今買われているのは公共、ヘルスケア、生活必需品銘柄など。これらのセクター銘柄の株価は12月に7%程度上昇。

・投資家の株式市場に対する信頼度は低下中。2022年、S&P500指数の上昇率は10%未満と投資家は予想する。翌年の上げ幅が低いと考える投資家が、持ち高を調整するのは手堅い戦略。今月の株価下落は驚くことではない(データトレック・リサーチ、アメリカの調査会社)。

 

どちらかというと弱気派の内容でした。

機関投資家でも弱気派はリスクを減らしたり、現金比率を高めているようです。私も今は警戒しており、同じ弱気派の意見を聞くと安心します。

強気派の方もいらっしゃいますが、自分の思いを信じて、今は現金比率を高めたいと思います。

また、記事内で解説されていますが、11月後半からソフトウェア銘柄が下落したそうです。私が関心のあるセールスフォース(CRM)、アドビ(ADBE)、ブロックインク(SQ、旧スクエア)なども大きく下げています。

ソフトウェア銘柄は購入するタイミングが難しそうです。同銘柄はこういった急落があることを理解しておきます。

以上

 

◆参考文献

Bloomberg、"米株価の師走の大変動、ヘッジファンドが売りの主役-リスク削減"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-12-24/R4LAVNDWLU6B01