アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

マイクロソフト、アクティビジョン買収でアップル、グーグルに対抗

1/19付のBloombergの記事を読みました。マイクロソフトがゲームソフトウェア会社であるアクティビジョン・ブリザード(ATVI)を(687億ドルで)買収する話です。記事は、アクティビジョン・ブリザード買収に至った理由を5つのポイントにまとめています。以下要約です。

 

◆要約

1)規模

・ゲーム業界で世界1位は中国のテンセントホールディングス。2位はソニーアクティビジョンの買収が承認されれば、マイクロソフトは世界第3位となる。

・夢、大志実現のためにはパートナーが必要。競合(テンセント、アップル、アマゾン、グーグル、フェイスブックなど)は巨大(アクティビジョンCEO)。

・世界中の人々に喜びと一体感を届けたい(マイクロソフトCEO)。

2)モバイル

・携帯電話がNo.1のゲーム機(マイクロソフトゲーミングCEO)。

・モバイルはゲーム市場で一番成長率が高い分野。

アクティビジョンは傘下にゲーム制作会社「King」を持つ。Kingはモバイル向けゲームを製作し、それらの1つは「キャンディークラッシュ」。

3)手数料回避

・ゲーム販売の制約を減らしたい。アップルのサービスである「App Store」を経由させずに(手数料を回避し)ゲームを提供したい(マイクロソフトCEO)。

・モバイル向けゲームの販売は大手2社(アップル、グーグル)が支配。この制約がある環境をなくしたい(マイクロソフトゲーミングCEO)

4)メタバース

マイクロソフトメタバース事業の柱はMicrosoft 365(旧Office 365)とゲーム。

マイクロソフト単独でメタバースは創らない。我々はメタバース上で動く各種プラットフォームをサポートする(マイクロソフトCEO)。

5)3つのC

・Cloud、Content、Creators、マイクロソフトの戦略はこれら3つのCに基づく。

アクティビジョンのコンテンツ(Content)をマイクロソフトの定額サービス「Xbox ゲームパス」の対象にする(マイクロソフト)。今回の買収でクリエータ(Creators)も取り込むことができる。

 

私はゲーム業界のことをほとんど知りませんので、今回の記事は私にとってちょうど良い内容でした。

個人的には競争は歓迎します。競争することで、より良いものが世の中に出てくることを期待します。マイクロソフトにはアップル、グーグルに対抗してほしいので、買収が承認されることを期待しています。

メタバースとゲーム業界(人材含む)は親和性が高そうなので、今後が楽しみです。マイクロソフトMicrosoft 365という強力なサービスも保有しているので、同社の今後には期待してしまいます。

記事によると、マイクロソフトメタバースの多くのプラットフォームをサポートする必要があると考えているとのこと。これがどのような事業に繋がっていくのか楽しみです。同社のメタバース事業に関する取り組みにも関心を持っていきたいと思います。

以上

 

◆参考文献

Bloomberg、"マイクロソフトアクティビジョンを買収する5つの理由"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-01-19/R5XP7WDWX2PS01