アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

モルガンスタンレー、シティ「株価はまだまだ下がるよ」

3/8付のBloombergの記事を読みました。モルガンスタンレーとシティがさらなる株価下落を予想しています。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・引き続き、次の6~8週間は下落リスクが大きい。通常の弱気相場の期間、下落幅を考慮すると、これからまだ下がる(モルガンスタンレー)。

・当行が推計する企業利益の世界的指標がこの度マイナスに。マイナスになるのは2020年9月以降初めて。(株式含む)リスク資産の見通しが変わる可能性あり(シティ)。

<グラフ>Citigroupによる企業利益指標推移

f:id:investmentandsecondjob:20220308075512p:plain

(出典:Citigroup、Bloomberg

・世界各国で金融引き締めが進む中、利益は最も重要な要素(シティ)。

・直近の高値からEU各国の主要株価指数は約20%、S&P500指数は約10%下落。原油、ガス価格の上昇が続く中、株式の需要減少はこれからも続く可能性あり(シティ、モルガンスタンレー)。

・株価が反発した時は売るべき。今はリスクを減らし、収益が安定する企業銘柄の選択を推奨する。守りの姿勢を継続すべき(モルガンスタンレー)。

 

株価が反発した時は売って、ディフェンシブな姿勢を維持した方が良いとモルガンスタンレーは主張しています。

かなり弱気です。これを信じるなら、株価の下落基調はまだ続くということですね。

株価の下落は続いていますが、これまでかなり割高水準でしたので、これだけ下げても暴落したとはまだ感じません。

今の紛争が落ち着きを見せ始めると、株価は上昇基調に転じると思いますので、どこまで様子見を続けるか悩ましいです。

まずは3月末まで、株価下落を期待し、様子見を続けようと思います。

以上

 

◆参考文献

Bloomberg、"モルガンSとシティ、株式の大波乱を予想-「需要崩壊」避けられず"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-03-07/R8DB6DT0G1KX01