アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

長期投資開始から3年5か月、リターンは+71.89%と改善。NTR、AAPL、AVGO、CVXの上昇が寄与。

22年3月末時点の銘柄毎のリターンです。「持ち株の評価額と受け取り済み配当金(税引前)を足したもの」を「取得金額」で割っています。

◆銘柄毎のリターン 

銘柄

取得金額

現在値+配当金

リターン

先月比

APPL

$16,800.00

$56,724.00

237.64%

18.08

NTR

$8,896.40

$24,795.40

178.71%

46.54

AVGO

$9,141.99

$21,711.69

137.49%

15.25

PG

$8,713.92

$15,661.73

79.73%

-3.40

MA

$8,709.12

$15,226.92

74.84%

-1.66

HD

$6,084.87

$10,535.91

73.15%

-7.92

VOO

$13,470.63

$21,860.24

62.28%

5.75

V

$8,667.60

$14,012.00

61.66%

5.13

ABBV

$4,162.80

$6,644.80

59.62%

13.78

USB

$4,646.40

$7,359.00

58.38%

-9.63

CVX

$4,302.00

$6,730.80

56.46%

18.83

MCD

$8,641.44

$12,712.32

47.11%

2.16

CSCO

$4,711.50

$6,491.52

37.78%

-0.02

SNPS

$4,901.20

$6,665.40

36.00%

8.52

JNJ

$8,631.50

$11,657.71

35.06%

9.70

MRK

$8,749.20

$11,160.84

27.56%

6.87

CDNS

$4,931.26

$6,249.48

26.73%

10.04

ASML

$5,040.00

$5,360.11

6.35%

0.23

MO

$11,299.20

$12,012.80

6.32%

1.63

AMAT

$4,992.00

$5,177.64

3.72%

-1.69

TSM

$4,400.00

$4,227.75

-3.91%

-2.50

LRCX

$4,850.32

$4,335.28

-10.62%

-3.92

INTC

$4,507.08

$3,618.69

-19.71%

3.51

 

23銘柄中、15銘柄のリターンが上昇しました。メルクからスピンアウトされたオルガノン(OGN)はメルクの中に含めて算出しています。以下、主要株価指数です。3か月ぶりに先月比でプラスとなりました。

 

NYダウ平均

S&P500

ナスダック

2月28日

$33,892.60

4,373.94

13,751.40

3月31日

$34,678.35

4,530.41

14,220.52

先月比

$785.75

156.47

469.12

先月比(%)

2.32%

3.58%

3.41%

 

今月の株価動向もウクライナ情勢に大きく影響を受けました。

前半は、各国のロシアに対する制裁強化に伴う世界経済の成長率鈍化、進展しないロシアーウクライナ間の交渉、2月のアメリ消費者物価指数(CPI)が市場予想越え、3月のアメリカ消費者態度指数が市場予想を下回るなどし、株価は下落しました。

後半は上昇しました。原油先物価格の大幅下落、2月のアメリカ卸売物価指数が前月比で伸び率が鈍化したこと、FOMC終了、中国の景気刺激対策、ロシアのデフォルト懸念低下、FRBメンバーによるアメリカ経済に対する強気発言、EUがロシア産エネルギー購入禁止を見送ったことなどです。

今月リターンが1番大きく上昇したのはニュートリエンで先月比+46.54ポイントです。ロシアとウクライナは世界でも主要な肥料生産国で、紛争の収束が見通せず、肥料供給がさらに悪化する可能性があるとみられています。

また、Piper Sandler(アメリカの投資銀行)はニュートリエンをオーバーウエイトに引き上げました。Piper Sandlerは穀物を短期的ではなく長期的な視点で見ています。世界的に生産性は低く、穀物関連銘柄を引き上げる構造的なトレンドがあるとのこと。

次にリターンが伸びたのはシェブロンで先月比+18.83ポイントです。原油先物価格の上昇、及び自社株買いの発表(2022年の自社株購入金額は上方修正)が上昇理由です。

アップルは先月比+18.08ポイントです。大手ハイテク銘柄に資金が戻ってきいます。また、同社がiPhone、及びその他同社製品のサブスクリプションサービスを検討していると報道されたことも上昇に寄与しました。

ブロードコムは先月比+15.25ポイントです。アップルと同様、資金が戻ってきています。

アッビィは先月比+13.78ポイントです。同銘柄は12月から上昇基調にあります。バンクオブアメリカはアッビィのプライスターゲットを引き上げました。アッビィが開発中の潰瘍性大腸炎向けJAK(酵素群の1種)阻害剤が、FDAアメリカ食品医薬品局)に承認されたことが背景にあります。

下げた方はUSバンコープのリターンは先月比-9.63ポイントです。月末に下げた分が影響しました。特にニュースは見当たらず、機関投資家の持ち高調整か、景気の先行き不透明感から売られたと推測します。

ホームデポは先月比-7.92ポイントです。原油高から、消費関連株である同銘柄の下落につながっています。

 

◆全銘柄合計のリターン(起点は18年11月1日)

f:id:investmentandsecondjob:20220401234343p:plain

全銘柄合計したリターンは+71.89%でした(S&P500指数は+67.07%)。S&P500指数のリターンはMorningstarのサイト(下記URL)を使い調べています。 https://quotes.morningstar.com/indexquote/quote.html?t=0P00001G7J

リターンは先月から7.23ポイント改善しました。過去最高値であった21年12月の73.73%に次ぐ数値です。先月に引き続ぎ、肥料メーカーであるニュートリエンの大幅上昇が寄与しています。

2か月続いたリターンの下落はひとまず止まりました。この先、株価は停滞するか、上昇基調になると推測します。再び下落基調になるとは、個人的にはあまり思えません。

4月中旬から本格的に始まる四半期決算で、企業は収益見通しを引き下げるはず。目先は、決算内容に対する株価の反応に注目したいと思います。

以上

 

◆参考文献

1)Seeking Alpha、"Nutrien CEO sees prolonged global fertilizer disruption from Russia's invasion"

https://seekingalpha.com/news/3808222-nutrien-ceo-sees-prolonged-global-fertilizer-disruption-from-russias-invasion

2)Seeking Alpha、"Nutrien upgraded at Piper Sandler as grain supply shifts lift fertilizer value"

https://seekingalpha.com/news/3810325-nutrien-upgraded-at-piper-sandler-as-grain-supply-shifts-lift-fertilizer-value

3)Seeking Alpha、"Chevron surges after hiking stock buyback plans to as much as $10B annually"

https://seekingalpha.com/news/3807814-chevron-surges-after-hiking-stock-buyback-plans-to-as-much-as-10b-annually

4)Seeking Alpha、"Apple working on subscription plan for iPhones, other hardware: report"

https://seekingalpha.com/news/3817051-apple-working-on-subscription-plan-for-iphones-other-hardware-report

5)Seeking Alpha、"AbbVie price target raised at BofA after Rinvoq approval for ulcerative colitis"

https://blog.hatena.ne.jp/investmentandsecondjob/investmentandsecondjob.hatenablog.com/edit?entry=13574176438074326012

6)日本経済新聞、"NYダウ反落、448ドル安 原油高で消費関連株に売り"

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN00001_U2A320C2000000/