アメリカ株への投資を簡単に理解できるブログ

アメリカ株への株式投資で副収入を得る方法を、わかりやすく簡単に理解できるブログを目指します。

世界の景気後退入りを予想し、ファンドマネージャーはかなり弱気になっています

4/12付のBloombergの記事を読みました。バンクオブアメリカが4月に行った調査結果が記事になっています。調査対象は292人のファンドマネージャー、292人分の運用資産合計は8,330億ドルです。以下、記事の要約です。

 

◆要約

・景気悪化予想は過去最高、スタグフレーション予想の水準の高さは2008年8月以来、金融政策もリスクが高いと指摘あり。これも過去最高水準。

FRBの金融政策がタカ派寄りになるに伴い、投資家の経済見通しが大きく弱気に傾く。バンクオブアメリカ基準だと、株式の買い(逆張り)サインが出ている。

<グラフ1>ファンドマネージャーの強気度推移

f:id:investmentandsecondjob:20220417142626p:plain

(出典:Bank of America)

・買いのサインが出ているが、今回、バンクオブアメリカのストラテジストは売りを推奨する。これから本格的な下落が来ると予想しているため。

・株式と世界の成長、内訳をみると、資金配分が相当大きくずれている。

<グラフ2>ファンドマネージャーが考えるテールリスク

f:id:investmentandsecondjob:20220417181523p:plain

(出典:Bank of America)

・現在、ファンドマネージャーが考える最も大きなテールリスク(発生確率の低いリスク)は世界的な景気後退。

・以下、その他の調査結果。

>2022年の予想利上げ回数は、3月の調査結果であった4回から増加し、7回。金融引き締めは23年4月で終了。

>一般消費財銘柄、EU圏銘柄(何れも株式)、債券への投資を控える。資金はヘルスケア銘柄、エネルギー銘柄、素材銘柄(何れも株式)、コモディディ、現金へシフト。

>一番多い取引はコモディティと石油。コモディティには過去最高に資金を投入。次にテクノロジー銘柄、及びアメリカ国債のショート。

>S&P500指数が4000を割ると予想する投資家は64%。その内26%は、その後同指数が5000超になると予想。

 

これが今の共通認識かはわかりませんが、記事は弱気な内容でした。

バンクオブアメリカは、これから本格的な株価下落がやってくると予想しています。私は弱気派なので、この言葉に期待し、待ちの姿勢を続けたいと思います。

待つことに慣れてきましたので、仮に今年、大幅下落が来なくても、来年大幅な下落が予想されていれば、今年は追加投資なしで過ごそうと思います。

調査結果では、多くのファンドマネージャーがS&P500指数が4000を下回ると予想していますが、私はあまり惹かれません。できれば3500くらいまで下げてほしいです。ここまで下げたら、迷わず買うと思います。

以上

 

◆参考文献

1)Bloomberg、"ファンドマネジャーの悲観度は過去最悪-BofA顧客調査"

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-04-12/RA7XOEDWRGG201

2)野村証券、証券用語解説集、"テールリスク"

https://www.nomura.co.jp/terms/japan/te/A01943.html#:~:text=%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%8B%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84,%E3%82%84%E8%A3%BE%E9%87%8E%E3%82%92%E6%84%8F%E5%91%B3%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%82